Xperia XZ3 の有機ELディスプレイについて

ソニーストア銀座に寄った時に、Xperia XZ3 を見てきました。 巷ではもう機種変した人とかいて、評判はそこそこ良い感じです。 XZ2という試験機を経て、やっと周回遅れの感じで、有機ELディスプレイが実装されました。ソニーのモバイル部門はソニーの収益の好調さの裏で苦戦が続いています。 堅実なものの作り方をしているので、まだXperia を支持していますが、シャープがSIMフリーなどが好調に推移しシェアわ上げつつあるのに対し、キャリアに借りがあるのかしれませんが、なかなか国内機種としてSIMフリーを出していないところはなんか歯がゆいところです。 この前に シャープから iPhone SE並みの大きさである コンパクト機が発表されたことからも、一歩も二歩も後手に回っているような気がします。 どこに訴求しているかが方向性が定まらないわけですが、コンパクト機愛好家としては、Xperiaブランドとしてハイエンドコンパクト機を出してほしいです。 おっと話が逸れましたね。ソニーストアにXZ3を見にいったのは、採用された有機ELディスプレイの具合を見にいったのですが、確かに綺麗でした。 ただ、所有しているXZ2 Compact の液晶も十分綺麗なので、それほど息を飲むような感動は味わえませんでした。 液晶よりもコンパクトにできるという利点があるものの、スマホについては、まだまだ液晶の方が良いような気がします。価格に見合っていないというか、液晶と比べた時の価格差に性能の良さが買っていない気がします。…

続きを読む

ソニーストア銀座に 最強のノイキャンワイヤレス WH-1000XM3 を見に行って予約注文してきた

この前の三連休は、ソニーストア銀座が GINZA PLACE に移動して二周年ということもあり、色々とイベントがあったので、早速行ってきました。 やはり気になるのが、10/6発売予定の ワイヤレスノイズキャンセルステレオヘッドセット である WH-1000XM3 です。 去年、WH-1000XM2 が発売された時、迷ったのですが、ネックバンド型の WI-1000X を発売日に購入しました。 ネックバンド型のヘッドセットは非常に使いやすく、胸付近にブラブラするケーブルから開放され、有線の時以上のノイズキャンセルをワイヤレスで体験できて、本格的にワイヤレスの時代になったもんだなぁって思ったものです。 ワイヤレス移行に背中をワイヤレス押したのが、iPhone や Xperia のヘッドフォン端子の省略。自分が使っているiPhoneはSEですが、ネックストラップをつけるために almania のヘッドフォン端子をストラップホールに換えるアクセを使っているので、ワイヤレスは必須になってきました。 Xperia も XZ2 compact を購入したことからってのもあります。 今は、XZ2C でストリーミング型定額音楽サービスである Google Play Music 経由でマイライブラリの曲を楽しんだり、定額内にある作品を楽しんでいます。 LDACなども組み合わせ的には利用できるのですが、ハイレゾの音源が手持ちにないので、接続優先のモードで利用しています。 途中、分離型の WF-1000X も試しまし…

続きを読む

ソニーストア銀座 GINZA PLACE 2周年記念セールに行ってきた

ソニーストア銀座 が、GINZA PLACE に移って2周年です。 かつてのソニーストア銀座は、今記念公園みたいになってますが、ここに移って2年も経つのかって気分です。 記念セールも、この三連休の間やっていて、大抽選会もやっていたので行ってきました。 ソニーストア常連さんには、2回抽選できるメールが届いているはず。 私も2回引いてきました。 D賞とE賞でした残念。 2階のカフェのドリンク交換券とソニーマーク付きのボールペンでした。 (少し普通のノベルティより立派かな?) 予約購入でも抽選会に参加できます。 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWH-1000XM3 を購入。 10/6 発売日に入手できそうです。 ソニーストア直営店で使える1000円クーポンと、2万以上で使える1000円クーポンで、計2000円割引。 ご愛顧クーポンも使って、10%オフ、三年ワイドにして、36000ほどで購入できました。 ノベルティのタンブラーもまた貰ってしまった。 ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラック WH-1000XM3 Bソニー 2018-10-06 Amazonアソシエイト ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン MDR-1000X : Bluetoo…

続きを読む

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドセット 1000Xシリーズ おでかけ体験会

ソニー から発売されたハイレゾ級ノイキャンワイヤレスBluetoothヘッドフォン(長いよッ) WI-1000X が届きまして、付属品やケーブルの使い勝手、ノイズキャンセリングの具合をレビューしました。 → 開封の儀式 http://novel-99.at.webry.info/201710/article_3.html →ノイキャンの具合など http://novel-99.at.webry.info/201710/article_4.html 主な機能こちら↓ http://www.sony.jp/headphone/products/WI-1000X/ 非常に気に入っている製品なのですが、気になるのが、他の1000Xシリーズの製品達。 同日発売でありましたのが、ヘッドバンド型 WH-1000XM2 と 左右独立型 WF-1000X ですね。ソニーストア銀座で、店内試用をしてみたのですが、店内だと正直分からないノイズキャンセルの具合。 とそんな時にソニーストアからイベントのお誘いがありました。 「ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドセット 1000Xシリーズ おでかけ体験会」であります。 早速申し込んだら、予約完了のメールが来まして、おや先着順なのかとラッキーと思ったのでありました。 イベントの内容は、ソニーストア銀座を飛び出し、銀座界隈を1000Xシリーズを試用しながら30分ほどお散歩できるというものです。 当日あいにくの雨でしたが、なんとか予約の時間に間に合いまして、受付どこかな…

続きを読む

ソニーストア銀座に新しいノイズキャンセルイヤフォンを試しに行こう

ソニーストア銀座がソニービルからGINZA PLACEに移動して1周年を迎え、いくつかのキャンペーンをやっているということと、IFA 2017 で発表されたノイズキャンセルイヤフォンを試聴しようということで、ソニーストア銀座に行ってまいりました。 GINZA PLACE は銀座駅の真上銀座四丁目交差点にあります。 GINZA PLACE 自体が1周年なので、他の企業もイベントをやっておりました。 ソニーストアとしては、Special 10 Days を開催しており、 1万円以上購入でタンブラーが貰えました。(個人的にはボールペンやステッカーが欲しいなぁと) さてソニーストアは4階と5階が主に展示スペースとなっていて、製品のお試しやスタッフの人に相談しながらお買い物も可能です。 今回は、ノイズキャンセルイヤフォンを試してきました。 世間的には、独立型ワイヤレスイヤフォンであるWF-1000Xの方が注目度が高いですね。 自分はなんか無くしそうってのと、連続使用が3時間しかできない点がネックになって、ネックバンド型Bluetoothハイレゾノイズキャンセルイャフォン(長いわ)であります WI-1000X の方が気になっていました。 他に WH-1000XM2 も展示されていましたよ。 詳しい仕様はこちら http://www.sony.jp/headphone/products/WI-1000X/ ソニーストアでは防犯用のチェーンなどが付いてないので、付け心地が分かりやすいのもメリットのひと…

続きを読む

新しいソニー ショールーム ソニーストア 銀座に行ってきた

銀座のソニービルが将来的に取り壊すことになっていて、そこに入っていた?ソニー ショールームおよびソニーストア 銀座がお引っ越しです。今日は、そのオープンの日です。 有楽町駅や日比谷からはソニービルより300メートルくらい奥になり、銀座線銀座駅にほぼ直結する感じになりました。 銀座三越の目の前の、GINZA PLACEビルの中にオープンしました。 GINZA PLACEビル自体が銀座の新しいランドマークビルディングで、ほかの企業のショールームなども併設しています。 自分はオープン記念ノベルティ交換のハガキを握りしめ、いざ三階へ。 いつもは11時オープンなのですが、今日は10時オープンで、10時半くらいに着いたのですが、多くの人でにぎわっておりました。 三階~五階がソニーのスペースです。 トータルの広さはソニービルのそれと同じくらいでしょうか? ソニービルが螺旋階段で、小分けにした各フロアをテーマ別に表現していたのに対し、こちらではフラットなフロアーに数種類のテーマを分けて展示してあるといった感じでした。 三階はカメラスペースで、αシリーズのカメラからレンズ、アクセサリーが並んでいました。 隅にXperia とVAIOも並んでいました。 今は、「二階堂ふみ×鈴木心写真館」の展示も行っていましたよ。 四階はオーディオとAVですかね、100インチブラビアもありまして大迫力。 ゲームもこの階で、予約が必要ですが、プレステVRの体験会場になっていました。 最…

続きを読む

au Xperia X Performance SOV33 メモリ使用量 プリインアプリ

Xperia X Performance のau版 SOV33 は、auショップにもホットモックの実機が置かれるようになりました。 ドコモ版SO-04H?は、前にドコモラウンジに赴いてantutu ベンチマークを実施してきましたが( http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201605/article_12.html )SOV33 は設定を弄れないようになっていたので、実施出来ませんでした。 今日ソニービルに寄ったときにSOV33も展示があり、アプリインストールできたんですが、ベンチマークはインストール出来ないように特別プロテクトされてて、実施できず(つД<)・゚。 メモリ使用量だけキャプチャしてきました。 3時間のものと1日分のキャプチャです。 余裕がまだありますね。 アプリ別もキャプチャをば Xperia Z5 の時はau版だけ重かった記憶がありますが、あまりドコモ版と変わらないようですね。 あと、プリインストールアプリもキャプチャしてきました。ドコモ版より多めです。 フォルダにまとまってるので、目立ちませんが、無効化操作がめんどくさそうです。 ↓グローバル版SIMフリー F8132 買っちゃいました ▽Xperia X Performance F8132 開封の儀式 その1その2 http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201606/article_12.html …

続きを読む

銀座ソニービルに TMレボリューションを体験にしにいこう

TMレボリューション(T.M.R)のデビュー20周年を記念して、『~デビュー20周年記念スペシャルイベント~ハイレゾで体感する「2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST‐」』というものが、銀座ソニービル SONY building にて、2016年4月29日から5月19日までの期間の間、開催しているってことで行ってきました。ちょっと出遅れたっ汗 八階のイベント会場に向かいます。 エレベーターの中にもTMレボリューションこと西川貴教が。 記念撮影用に、HOT LIMIT なりきりボードが設置されています。 あとつぶやき用のVAIOとXperia Tablet が設置されているのはいつも通りですね。 OPUS公式Twitterアカウント(@opus_event)をフォローし、応募用ハッシュタグ(#OpusPresent)を付けて感想などをツイートしていただくと、 全員に本イベントオリジナル壁紙をプレゼントっだそうです。 使っている音響システムの展示もありました。ほしいよぉ。 奥に進みますと、イベント会場になります。 入場は無料で、ソニーの音響システムと大画面プロジェクターが設置されています。 席は五人掛けくらいのベンチ型のが9つと、ハイチェアが後ろに3列並んでました。 題目はというと、 5曲のミュージックビデオを200インチの大画面で上映。ハイレゾです。 1) HOT LIMIT 2) ignited -イグナイテッド- 3) vestige -ヴェスティー…

続きを読む

銀座ソニービルにマイケルジャクソンを見に行こう

マイケル・ジャクソン『オフ・ザ・ウォール:デラックス・エディション』の発売を記念して、「ハイレゾで感じる、マイケル・ジャクソン『オフ・ザ・ウォール』」というものが、銀座ソニービルにて、今日2016年3月7日(月)から3月27日(日)までの期間の間、開催しているってことで行ってきました。 八階のイベント会場に向かいます。 エレベーターの中にもマイケルが。 ファンイベントらしく、メッセージボードが設置されています。 記念撮影用にアフロと蝶ネクタイまでもw 奥に進みますと、イベント会場になります。 入場は無料で、ソニーの音響システムと大画面プロジェクターが設置されています。 席は五人掛けくらいのベンチ型のが9つと、ハイチェアが後ろに2列並んでました。 題目はというと、 まず3曲のミュージックビデオを200インチの大画面で上映。ハイレゾです。 1)今夜はドント・ストップ|Don’t Stop ‘Til You Get Enough 2)ロック・ウィズ・ユー|Rock With You 3)あの娘が消えた|She’s Out Of My Life 四曲目は、オフ・ザ・ウォール|Off The Wall で、画面は静止画になってしまいますが、ハイレゾを堪能できます。 五曲目は、ダイジェストで、ジャクソンファイブ時代のマイケルや、二十台初期のオフザウォール発売時あたりのインタビューが流れたり、コンサートでのライブ映像が流れたりします。 オフザウォール時代のマイケルって、ジャクソンファイブのマイケルが…

続きを読む

ソニーストアカードをつくろう

ソニーストアカードの存在は知っていたのですが、つい先日まで作っていませんでした。カードが一枚増えてしまうことに躊躇いがあったからです。 FeliCaだったり、QRコードのような電子カードなら飛びついていたんでしょうけど。 ってことで、今回は、キャンペーン中で1000ポイントのソニーポイントが付くということで、ソニービルの中にありますソニーストア銀座に行って参りました。 ポイントは、ネックストラップにすることに決めていましたので、四階ソニーストアにてストアカードを作る旨とネックストラップの在庫を見てもらうことに。 ストアカードは、カウンターのパソコンで、マイソニーIDでログインするところから始まりますので、IDとパスワードは記憶していきましょう。 いくつかの同意書に同意して、カード裏に名前をその場で書いて、無事にソニーストアカードができあがりました。 来場ポイントマシーンも四階にあります。 すっと通して10ポイントもらえます。 すぐにメールでお知らせがきます。 有効期限は一年間なので、うれしい。といってもReaderStoreですぐに消費されそうなんですけど・・・。 2015年10月からは、このカードに絡めた新しい企画もあるそうなので、しばらくはカードを持ち歩くか、今日は有楽町に寄りそうだって時に財布に忍ばせようかなと思います。

続きを読む

ソニービルへ行こう 2015年夏

病院の行く際に新橋に寄る用事もあったので、有楽町のソニービルまで行ってきました。新橋から約800メートルなので近い。 メッツを飲んで歩きますっ。 今、ソニービルでは、美ら海水族館の博覧会状態です。 http://www.sonybuilding.jp/event/aqua/ ハッシュタグ #銀座で美ら海 も展開中。 ということでソニービルの前にも大きな水槽が展示。 中に入ると一階真ん中にも水槽があり、かわいらしい魚が色鮮やかな珊瑚と共に泳いでおりました。 夏休みということで、子供向けの体験コーナーがあったり、 αを使っての撮影場所があったりしました。私はスマホでパシャリ。 手すりなどにもお魚ステッカーがありました。 春頃に発表された17cm という短距離で最大147インチの4K 映像を投写できる超短焦点プロジェクタLSPX-W1S も展示があり、こちらは深海の様子を投影していました。 とてもインテリアに溶け込む良いデザインなのですが、やはりプロジェクターなので、液晶などと比べると粗い感じがしました。 投影元の映像が2Kあたりなのかな? (お値段も すごいので、一生体験できないですけど…汗) スタンプラリーもやっていました。 外人さんと子供に混じり 四つスタンプを集めました。 お魚シールをゲット(ハズレですね・・・当たりだとぬいぐるみとかかな?) 8階では巨大ビジョンを使って美ら海水族館や沖縄の海の映像を流していました。 アクションカムをジンベイ鮫の頭に付けて撮影や、αを使って…

続きを読む

Sony Design MAKING MODERN 展に行ってきました

ソニービルこの前行ったときに準備中で、GWから6月くらいまでやっている Sony Design MAKING MODERN 展に行ってきました。 http://www.sonybuilding.jp/eventspace/opus/SonyDesign/ 平井さんの挨拶パネルから始まり、(りぃぃぃぃっじれぇぇさぁぁぁ と また絶叫してくれないだろうかw) 戦後の話から、70年代あたりからのテレビやテープなどのデザインから、ソニーが最も輝いていただろう80年代~90年代を経て、最後に今世紀のデザインを見ることができました。 その時代の色ってのがあるかもだから、その時代を生きていない自分からしても、ソニーってカラーがしっかりしているイメージ。無骨さがかっこいい。でもこれは時代かな。 ソニーロゴがもう完成されているね 赤がキュート あと、再生ボタンの位置とかロゴへのこだわりとかは、ソニーらしいよね。社長などが意見していたんだろうなぁ てのが目に見える。 ソニーのデザインって、たぶん子供の時は、かっこよくは感じなかったんだろうと思う。シンプルというか、工学的な美しさをあまり求めてないからからかな。ちなみに中高時代のヘッドフォンステレオは、Panasonicを買ってました。 きたきたVAIO505 形はまぁいいよ。でも紫は、今見ても良いとはいえないなぁ。でも好きな人は好きよね。VAIOカラー。自分はソニーのカーボン系の材料を使ったVAIOの方が好きです…

続きを読む