SRS-WS1 ソニー敬老の日キャッシュバックキャンペーン 手順 ほんとうに面倒くさい

ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1 など、他 SMR-10、SRS-LSR100などで敬老の日キャンペーンが 2019/9/30まで行われています。 SRS-WS1は 3000円のキャッシュバック。 応募サイトはこちら https://www.sony.jp/ic-recorder/keirounohi/entry/ ソニーストアで購入したんだから、この辺自動でキャンペーンに参加してくれればいいのに、とっても面倒です。改善してほしい。 まずお名前の入力。あと電話番号。メールアドレスはログインしているので自動入力されていた。名前と電話番号は確認用なのか、ちよっとよくわかんないけど仕方なく入力 次振込先の入力。ここを間違えると振り込みできず、振り込みをもって完了となり不備があると連絡すらこないような注意書きもあったので、ほんとなんだかなと思う。 ちなみに振り込まれるのは2ヶ月後です。 でここでキャンペーンコードというものが発行され、引き続き必要な書類をアップロードしてくださいとある。 必要な書類とは購入を示すものである。ちなみにソニーストアでの購入の場合は、購入した時のレシートとかではなく製品に同梱されているご購入明細書兼納品書です。 量販店などで買った場合は、そのレシートかな。 ちなみに、ご購入明細書兼納品書を紛失した場合は領収書発行を依頼してそれを代用することもできるようです。 書類をアップロードしますが、高解像度すぎて10MBちかい写真を…

続きを読む

ウェラブルネックスピーカー SRS-WS1 の純正カバーCKS-SRSWS1 保護はながら操作・充電可で、水洗い…

ウェラブルネックスピーカー SRS-WS1 を今更ながら入手しまして、同時にソニーオータムフェアでゲットしたクーポン券を利用して、ソニー純正カバーCKS-SRSWS1 も入手しました。 保護はもちろんで、ながら操作もできます。 カバーしながら接点充電およびmicroUSBコネクタ充電も可です。 そして水洗いも可です。 パッケージから取り出したるは CKS-SRSWS1 萎んだミミズのようです。 まずは端っこを入れてと。本当にピッタリに作ってあるので、割と入れるのが大変。位置決めは、ボタンアイコンが印字されているのとmicroUSBの穴があるのでそれを合わすようにするといいかも。 両方がはいってから、首の後ろ側を入れ込んでと。あとはチャックをしめて完成。 チャックを開けると接点充電部分が露わになる仕組み。自分は、microUSB端子を使うので、チャックは閉めたままです。 ちなみに音量上下ボタンとmicroUSB端子の部分はこんな感じ。 電源ボタンはこんな感じ。 ソニー純正の安心感。洗えるのもGood。本体に汚れがつかないので、よく使う人には特にお勧めできるアクセサリーですね。 ソニー SONY ウェアラブルネックスピーカー テレビ/映画/ゲーム用スピーカー 音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1ソニー SONY SRS-WS1専用純正カバー カバーをしたまま操作・充電可/水洗い可 CKS-SRSWS1SONY ウェア…

続きを読む

ウェラブルネックスピーカー SRS-WS1 を今更ながら導入してみた

ソニーストア銀座のオータルフェアで店内体験(アベンジャーズのセル盤の宣伝に体験コーナーが出来上がっていた)で、おおと思って気絶してしまった SRS-WS1 が届きました。 ソニー SONY ウェアラブルネックスピーカー テレビ/映画/ゲーム用スピーカー 音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1 最初箱でかっと思ったら、SRS-WS1の箱も想像よりも大きかった。 SRS-WS1がやはりでかい。真ん中に送信機ユニットと接点充電用のユニットがある。これまとめればいいのにってくらいちょっと無駄が多い。 首の後ろ側にる部分に充電用の端子があり、このユニットに置くだけで接点充電できる。レビューでは、わりと設置がシビアらしいのと、本体にmicroUSBの端子があるので、このユニットはそっと箱にしまいました。 次送信機のユニット。イヤフォン端子と光デジタル端子と、充電用のmicroUSB端子がある。 小さな石鹸みたい。たぶんテレビの近くに置くので、黒の方が良かったともおもえるが、割と主張しない色なので、まぁいいか。 ネックスピーカーの音がでるところ。 端っこには、音量の上下ボタンとmicroUSB端子がある。 もう片側には 電源ボタンと低音振動のボタンがある。振動ボタンは押すと、弱→中→強→ループになるのだが、音量ボタンみたいにループしない方がいいと思う。 振動している最中に操作をして、今どの位置なのかがわかんなくなるからである。 ちょ…

続きを読む

ソニーストア銀座 オータムフェア中の3周年の三日間

ソニーストア銀座店が、数寄屋橋付近から銀座四丁目付近に移動してきて、三年が経ちました。早い。 オータムフェアは、各実店舗で行われていますが、銀座店は更に3周年記念日の三日間もキャンペーンが行われていましたので行ってきました。 アップルストア丸の内も見にいきたいなぁと思っていたので、都バス一日券で節約節約。 オータムフェアでは実店舗で使える MySonyアプリを見せると1000円引きや、他αなどのカメラメンテナンスや、ヘッドフォンのメンテナンス企画、aiboと記念撮影会などイベントも盛り沢山。 自分は、ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(長いよ)WH-1000XM3をメンテナンスしてもらいました。 予約制で5分から10分で色々とメンテナンスしてくれます。 綺麗にお使いですねーと褒められ、ヘッド部分にあった汚れなどを薄めた洗剤やら、綿棒やクロスクリーナーなどを使って綺麗綺麗にしてもらいました。 ヘッドパッド交換も高いじゃないですかだからカバーを付けて丁寧に使っているんですけど・・・きっと新作きたら買っちゃうんですよねーとゆるソニおたトークをしている間に終わりました。 次に前々から気になっていた ネックスピーカーを体験。SRS-WS1ですね。 ちょうどアベンジャーズエンドゲームの宣伝が体験だったのですが、振動がすごーい。サラウンドなどなくLRのステレオのみなのですが、低音に合わせて振動もくるので、驚きました。 家にはサラウンド環境もあるけど、うーん…

続きを読む

SONY 液晶ブラビアKJ-43X­8000E と 台座サウンドバー HT-XT2 での DTSHDMA の再生 …

UBP-X700 を購入しました。 https://novel-99.at.webry.info/201907/article_32.html https://novel-99.at.webry.info/201908/article_3.html https://novel-99.at.webry.info/201908/article_4.html そこで唯一我が家にあったブルーレイの インターステラーを再生したところ英語音声がでませんでした。 収録音声は、 1. DTSHDMA 5.1ch:英語 2. ドルビーデジタル 5.1ch:日本語 です。 接続の具合はこんな感じ。 UBP-X700[HDMI OUT1] ==== [HDMI2]KJ-43X­8000E[HDMI3 ARC] ==== [TV ARC]HT-XT2 UBP-X700とHT-XT2は直­接接続せず、サウンドバーはBRAVIAを介しています。 またKJ-43X8000EとHT-XT­2は同軸デジタルケーブルでは接続していません。 ブルーレイプレーヤーの音声認識をビットストリーム(設定としては自動)ではなくPCMに手動設定するとサウンドバーから音はでます。 ソニーに聞いてみました。結果はブラビア、サウンドバー共に両方にDTSHDMAに対応していないことに起因しており、5.1chの質問も投げたのですが、HT-XT­2のサラウンド機能は一旦HT-XT­2で処理をしていることを知るこ…

続きを読む

SONY Ultra HD Blu-ray プレーヤー UBP-X700 セットアップと音声がでないトラブル

SONY Ultra HD Blu-ray プレーヤー UBP-X700 を購入しました。 うちにブラビアが来て、ハードディスクレコーダの BDZ-AT700 を引退させて、円盤を買うことなくなってしまいましたが、AT700からDVDに退避した録画や、もしかして円盤をレンタルしたり、買ったりするかもと思い、せっかく4K HDR の表示ができると思い、これにしました。 開封はこちら(ケーブルの長さや大きさの感じ)↓ https://novel-99.at.webry.info/201907/article_32.html さて電源投入するとブラビアリンクが働いて、自動的に接続したHDMIに切り替わります。 最初に高速起動をするか聞いてきます。消費電力がかかりますが、オンにしておいた方が幸せ。3秒以内に起動してくれます。 4K Ultra HD 60p の映像コンテンツを見るために、テレビ側の設定を変更してねという注意。 その時は対応するケーブルが必要。 18Gbps 対応のいわゆるプレミアムハイスピードHDMIケーブルがいります。これは付属しないので、購入しなくてはなりません。 結構高め。 かんたんネットワーク設定。 すぐに終了してホーム画面に。シンプルですね。 すでにソフトウェアは最新でした。 設定画面。 さてテレビ側の設定を変えますかということで、拡張フォーマットを有効にします。といってもソースがないなぁ、Netflixで探してみようかなぁ…

続きを読む

SONY Ultra HD Blu-ray プレーヤー UBP-X700 開封の儀式

SONY Ultra HD Blu-ray プレーヤー UBP-X700 を購入しました。 うちにブラビアが来て、nasne の二台体制で torne mobile の利用、Netflix の利用で、もともとサブのサブの扱いだった BDZ-AT700 がほとんどん利用しなくなってきました。 8年前の製品なのと、Blu-ray も動作しなくなったので、それを下取りにしてプレーヤーを買うことにしました。 もうしばらく円盤を買うことなくなってしまいましたが、AT700からDVDに退避した録画や、もしかして円盤をレンタルしたり、買ったりするかもと思い、せっかく4K HDR の表示ができると思い、これにしました。 ブルーレイHDDレコーダーと比べるとふた回り位小さくて軽いです。1kgくらいしかないと思います。 Ultra HD Blu-ray に対応、 HDRにも対応しています。 他、USB端子もあるので、各種動画ファィルを再生できます。 ブラビアに搭載されているので使わないですが、Netflix や Amazon Prime Video 、Youtubeにも対応しています。 端子は、LANとアンプ用になのかなAudio用のHDMI端子が余計についています。 サラウンドサウンドにも対応していますね。 小さいのでラックの上(テレビの下は無理だけど横にとか)にも置けるくらいの小回りさ。 開封。お尻側から開けてしまいました。 でも正面がお尻側なのか…

続きを読む

ソニー ノイキャンワイヤレス WF-1000XM3 が出ましたね

ソニーのワイヤレスノイズキャンセルイヤリング 左右独立型のモデルの最新版 WF-10000XM3 が出ましたね。 WF-10000X の正当後継機になります。 自分は、まずネックバンド型の WI-10000X を購入し、一度WF-10000Xを試しましたが、ノイズキャンセリングの効きが少し弱いのと、WI-10000Xも人混みに弱いのだけれども、さらに拍車をかけてプチプチ途切れるので、すぐに売却してしまいました。 その後、冬や部屋用に ラウンドイヤータイプのWH-1000XM3ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル ブラック WF-1000XM3 Bソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2 B : Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2017年 ブラックソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-1000X B を購入し、そのノイズキャンセルの凄さとロングバッテリーに驚き、私生活ではWH-1000XM3をメインに使い、WI-10000Xを通勤用に利用するようになりました。 WF-10000XMの出来は評判を聞く限り、今までの弱…

続きを読む

SONY BRAVIA KJ-43X8000E にHDDを繋げよう ただしサーバー機能はなし

SONY BRAVIA KJ-43X8000E を購入して約半年経ちました。 もともとソニーゆる信者なので、ソニー製品で揃えると恩恵を受けることは知っていたのですが、今まで、バラバラだったピースがうまく合致してとても便利に使っています。 家では録画機器としてnasne を二台導入しています。 タブレットなどでしか見れなかったものが、ブラビアにtorne アプリを入れればリモコンでナスネの番組が見れます。ネイティブアプリかのような操作感。 以前のテレビでは Chromecast HD を使ってネトフリなどの動画を大画面で楽しんでいましたが、これもブラビアのネイティブアプリで視聴可能です。 また古いソニー製のハードディスクレコーダーがあるのですが、それについてもリモコン操作で見ることが可能です。 そんなanywhereな動画視聴環境の中で、基本nasneが中心に活躍するのですが、三番組が被る場合があります。年に数回。 なので、ブラビアのチューナーも使えるようにしておこうということで、家に余っていたハードディスクを繋げて録画環境を整えます。 ブラビアの背面には3種類のUSBがありますが、繋げるのは3.0仕様の青いコネクタのところです。 そこにポータブルハードディスクを繋ぎます。もともとポータブル仕様の製品を使ったので、電源不要でした。 繋げるとすぐに検出をおしらせしてくれます。 録画用機器として登録を選択します。 確認画面 データ消えるけどいいよねの…

続きを読む

h.ear go (SRS-HG1)二台とHT-XT2 で5.1ch環境を構築してアベンジャーを見る

リビングのTVを去年新しくしまして、SONY BRAVIA KJ-43X8000E が我が家にやってきました。10年前のプラズマテレビを利用していたので、薄く軽くなりましたし、4kチューナーはついてないですが、もうテレビを見ないので、とりあえず有機も気になるけど技術がもう小慣れた液晶の方がトータル的な満足度とコスパが良いと判断しました。(言い訳 https://novel-99.at.webry.info/201810/article_16.html 有機の方は、本体のグレードが高いのでサウンドもきっと良いのでしょうし、前持っていたプラズマテレビも同時は結構な値段しているので、なかなかの音でした。 それを補完するためにソニー台座タイプサウンドバー HT-XT2 を導入しました。 https://novel-99.at.webry.info/201810/article_28.html 細長いサウンドバーにしなかった理由は多方面にわたります。 今までのプラズマテレビの座高の高さはテーブルにあっていたのですが、ソニーのそれはベゼルが薄くなり、端子類も全て後ろにまとまっているので、結果座高が相対的に低くなってしまっていた。HT-XT2を乗せるとちょうど良くなる。 テレビの怨霊とリンクできること、HDMIケーブル一本で繋がること。 これ基本中の基本なのですが、HT-MT 300では実現していなかった。 HT-MT500だと大丈夫なんですけどね。予算オーバーだった。 …

続きを読む

Xperia 1 の発売について

Xperia シリーズにて恒例の時期にフラグシップモデルの発表がありました。 いくつものサイトで、そのXperia 1 についてのレビューがありまして、読みました。開発者インタビューなども載っていたので読みました。 ミドルレンジモデルの Xperia 10 や10 plus はすでに入手できる状態にあります。 さて、今回の大きな特徴は、21:9 というシネスコサイズの画面サイズです。 開発者インタビューでは、不振であるモバイル部門にて危機感を持って対応していて、ソニーの強みは何かということを考えて、1 を生み出したとありました。 Xperia はいつもZ のころからソニーの組織の壁取り払って開発をしているとソニーさんの事情知りませんがよろしく状態だったのですが、今回もソレなのかなぁと思っていました。 シネスコサイズが良いかは別として、何か尖った部分があることはヒシヒシと伝わってくるプロダクトだと思いますし、ソフトウェアの部分でもニッチな人を対象にした機能を搭載してくると思います。 価格的に12万くらいだと予想できます。そっちを選んできたんだと思います。 おそらく数は出ないでしょう。シェアが回復するほどの普及力のあるプロダクトではありませんが、一定の支持は得るような気がします。 カメラ部分でも、トリプルカメラで、やっと光学手ブレ補正を搭載してきています。 有機EL 搭載で、重さも頑張っている数字だと思います。それでいて12万程度に抑えてきたのはコスパ的には良い気がします。 試してみたいと…

続きを読む

ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1) のグルーピングについて

ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1) はChromecast機能に対応していまして、iPhoneやXperia のスマホから音楽をキャストすることができます。 管理アプリとして Google Home というアプリを利用します。 アメリカなど外国のトレンドなのか、複数の部屋で同じ音楽を流したいパーティー機能みたいなものがありまして、もれなくChromecastもそれに対応しています。 要はグルーピングして、そのグループに対してキャストすることで、複数のスピーカーから同じ音楽を流すことができる機能です。 以前、所在ステータスを更新できないトラブルがありましたが、それとは別の階層的でないグループ機能です。 たとえば 寝室にあるスピーカーと仕事部屋のスピーカーを、グループ名を自由に指定して設定することができます。 日本語も対応しています。 グルーピングすると、キャスト先一覧にそのグループ名が出てくるので、たとえば「寝室と仕事部屋の連動」といったわかりやすい名前にするといいかもしれません。 2台以上のスピーカーを選択することができるので、全てのスピーカを対象としたグループや、特定の部屋のものをまとめたものなど、重複してグループに所属することがでます。 ぜひグルーピング機能で、パーティー気分を味わってください。 Sony SRS-HG1 h.ear go ボルドーピンク Bluetooth ブルートゥース スピーカー ワイヤレス ポータブル SRSHG1 [並行…

続きを読む

SONY Xperia XZ3 について思うこと

そろそろ国内でも Xperia の最新フラグシップ機である XZ3 がラインナップに追加されるようになりました。 今回 その上位版である Premium や、Compact といった派生モデルは発表されませんでした。 おそらく、XZ3 の立ち位置が、XZ2 の集大成またはそこで実現できなかったものの答えであり、今後のシリーズの原点といった意味合いがあるからではないかと思います。 Xperia でいうところの Z シリーズが出た時のトータルコンセプトがしっかりした時の印象とよく似ています。 他のAndroid系スマホメーカー、またアップルが去年から有機ELディスプレイに手を出している中で、Xperia はやっとXZ3 にて初採用しました。 デザインでも、背面を湾曲させ手になじませ、今まで側面にあった指紋認証を湾曲背面にもってくるというところのある種の到達点がXZ3には見られます。 自分は XZ2 Compact のグローバル版を発売日に入手して、半年以上利用してきましたが、最高点ではないものの良いものを手に入れたと思っています。 おそらく通過点の製品であり、今後、XZ3 をベースにしてXperia は発展していくものでありますが、スマホ部門がソニーの中で採算がとれない部門であることから、革新的なものよりも保守的なものを作っていくものだと思われます。 保守的なものが悪いわけではありません。 無理して最先端を投入しても、今までどおりの安定さが欠くならば挑戦してほしくないとも思っています。 スマホ…

続きを読む

ソニー台座タイプサウンドバー HT-XT2 とBRAVIA KJ-43X8000Eの組み合わせ

BRAVIA KJ-43X8000E を買いました。 今までは10年以上利用してきた日立製のプラズマテレビを利用していましたが、液晶の技術が頭打ちになり成熟期の末期に来ているので、ソニーのブラビアを購入しました。 ソニーのブラビアは薄く、薄いなりに画面埋込み型でスピーカーを搭載しているのですが、少し厚みが不足している感じがあったのと、せっかく4kテレビを購入しました買い、Netflix にも加入しているし、4kコンテンツも購入したこともあり、音にも少しこだわってみようと思いました。 今回は、ソニー 台座タイプサウンドバー HT-XT2 を結果的に購入しました。 検討したのは、ソニー信者なので、ソニー製品の中だけですが、バータイプの三万円以下の商品です。 ・HT-S200F 2.0chのサウンドバーにコンパクトにウーファーを内蔵した製品。HDMI ARCに対応しているのも◎最初はこれを狙っていた。 ・HT-S100F 200の下位製品。大きさもあるがウーファーは内蔵していない2.0chのスピーカー これを買うなら、200買うよって思えるものだった。選択肢から早々に外れる。 ・HT-CT380 二年前のサウンドバーで中くらいのウーファーが付くサウンドバー。評価は高く、少しずつ値段が下がっていて、HDMI ARCに対応しているのも◎。ウーファーの置き場所に迷いを感じていた。 ・HT-MT300 少し前のサウンドバーで、コンパクトなウーファーが魅力的、HT-S200Fと同じくらいの大きさ。ウーフ…

続きを読む

SONY BRAVIA KJ-43X8000E 購入。nasne と HDレコーダの録画を見よう

日立のWoooを10年以上前に購入して利用してきました。 それなりに見れていましたが、それともおさらば。 まず求めたのが4Kだったので、有機も考えたのですが、液晶の小慣れた感じも捨てがたいと思い、価格と相談して、ソニー のブラビア KJ-43X8000E にしました。テレビが生活に占める割合が減ったのも一因です。数十万円以上出して出して有機を買う気が起きませんでした。 約七万円で購入できました。2017年製です。 なぜ最新の夏に発売された2018年モデルにしなかったかというと、型番から分かるようにエントリークラスの4K液晶モデル である 7500F は機能が削減されています。あとリモコンに余計なボタンが増えたからです。 8000E には、倍速はないものの、トリルミナスディスプレイが搭載されているので、色が鮮やかです。 androidTV も搭載されていて、4k HDR対応など基本部分はあまり変わりません。 設置まではこちら(大人ひとりで設置、裏面の端子などの写真を含んだレビュー) https://novel-99.at.webry.info/201810/article_16.html 初期設定と4k動画プレゼントのキャンペーンなどについてはこちら https://novel-99.at.webry.info/201810/article_17.html さて、このBRAVIAを購入したのには大きな野望がありました。 今まで、日立のプラズマテレビに Chromecast Ultra を接続…

続きを読む

SONY BRAVIA KJ-43X8000E を購入しました 初期設定など 4K映画を貰おう♪

日立のWoooを10年以上前に購入して利用してきました。 それなりに見れていましたが、それともおさらば。 まず求めたのが4Kだったので、有機も考えたのですが、液晶の小慣れた感じも捨てがたいと思い、価格と相談して、ソニー のブラビア KJ-43X8000E にしました。テレビが生活に占める割合が減ったのも一因です。数十万円以上出して出して有機を買う気が起きませんでした。 約七万円で購入できました。2017年製です。 なぜ最新の夏に発売された2018年モデルにしなかったかというと、型番から分かるようにエントリークラスの4K液晶モデル である 7500F は機能が削減されています。あとリモコンに余計なボタンが増えたからです。 8000E には、倍速はないものの、トリルミナスディスプレイが搭載されているので、色が鮮やかです。 androidTV も搭載されていて、4k HDR対応など基本部分はあまり変わりません。 設置まではこちら(大人ひとりで設置、裏面の端子などの写真を含んだレビュー) https://novel-99.at.webry.info/201810/article_16.html 電気を入れると、ようこその画面、日本語と英語が選択可能。 ちなみにリモコンの電池は単4 を 2本です。(最初電池付属なしと思っていたら説明書の袋にソニーの電池がついてました) リモコンは、Netflix と Google play のボタンが真ん中についていて、最新機種のようにゴタゴタ別のサービスのボタ…

続きを読む

SONY BRAVIA KJ-43X8000E を購入しました 開封から設置まで

日立のWoooを10年以上前に購入して利用してきました。 さすが上位機種で、結構な値段で購入したプラズマディスプレイのテレビなので、なかなか壊れない。 プラズマテレビといえば焼き付けが起きますが、それも10年経ってもほとんど発生していませんでした。 音についてもそれなりのスピーカーがついていたので、音も良かったし、HDとSDの間の解像度でしたが、黒が映えるので、それなりに見れていました。それともおさらば。 まず求めたのが4Kだったので、有機も考えたのですが、液晶の小慣れた感じも捨てがたいと思い、価格と相談して、ソニー のブラビア KJ-43X8000E にしました。テレビが生活に占める割合が減ったのも一因です。数十万円以上出して出して有機を買う気が起きませんでした。 約七万円で購入できました。2017年製です。 なぜ最新の夏に発売された2018年モデルにしなかったかというと、型番から分かるようにエントリークラスの4K液晶モデル である 7500F は機能が削減されています。あとリモコンに余計なボタンが増えたからです。 8000E には、倍速はないものの、トリルミナスディスプレイが搭載されているので、色が鮮やかです。 androidTV も搭載されていて、4k HDR対応など基本部分はあまり変わりません。 生産は終わっているのでソニーストアではもうかえないですが、量販店などの在庫限りで7500Fより安く入手できるのがメリットでしょうか。 さて設置。プラズマテレビより圧倒的にかるーい。一人で…

続きを読む

ソニーワイヤレスヘッドホンプレゼントキャンペーン 障害解消 mora 1000円コードは2ヶ月後

ソニーワイヤレスヘッドホン ミュージックプレゼントキャンペーン 10/9火曜日に問題のエラーが解消されました。 特典のmoraポイントのクーポンコードはご応募から2か月後程度に、順次ご登録のメールアドレスへご連絡いたします。とのこと ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラック WH-1000XM3 B ソニー 2018-10-06 Amazonアソシエイト ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン MDR-1000X : Bluetooth/ハイレゾ対応 マイク付き グレーベージュ MDR-1000X C ソニー(SONY) Amazonアソシエイト ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-1000X B ソニー(SONY) 2017-10-07 Amazonアソシエイト ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル シャンパンゴールド WF-1000X N ソニー(SONY) 2017-10-07 Amazonアソシエイト

続きを読む

SONYワイヤレスヘッドホンミュージックプレゼントキャンペーンがエラーになる件→10/9解消

ソニーワイヤレスヘッドホンミュージックプレゼントキャンペーンが始まっています。 https://www.sony.jp/headphone/campaign/2018_autumn/ キャンペーン期間内に対象商品を購入して、応募可能期間内に製品登録し、不備なく応募すれば、mora 1000円クーポンの特典がプレゼントされます。 キャンペーン期間(購入対象期間) 2018年10月6日(土)~2019年1月15日(火) ※新発売のWF-SP900、WH-1000XM3などの予約購入した方も応募対象となりますよ!自分も対象です! 応募期間 2018年10月6日(土)午前10時00分00秒~2019年1月29日(火)午前10時00分00秒 で、応募方法がややこしい。面倒。 日本在住、My Sony ID保持、製品登録は、わかります。簡単だしね。 シリアル番号の入力もまあ、許容範囲。 でもシリアル番号含めた写真の添付、購入レシートなどの写真の添付が面倒。 応募手続きの手順 1.購入商品のパッケージに貼付されているバーコードの全体がはっきりと写った写真のデータをアップロード 2.商品のパッケージに貼付されているバーコードの付近に記載されているシリアルナンバーを入力 3.購入日と購入した商品のモデル名が分かるレシートなどの購入が証明できる書面の全体がはっきりと写った写真のデータをアップロード アンケートにも答えて応募になる。 ソニーストアで購入したやつなんて、もう管理されてるよう…

続きを読む

ソニー 新ワイヤレスノイキャン WH-1000XM3 電車・バス・路上でのノイキャン具合

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3 が届きましたので、使っています。 開封の儀式と第一印象レビューはこちら↓ https://novel-99.at.webry.info/201810/article_5.html 発売日より2日早く届いたので、木曜日から結構な時間を使うことができたので、三日間使った後でのレビューとなります。 やはり一番機になるのはノイズキャンセルの能力部分かと思います。 前回の機種である 1000XM2 と比べて、ノイキャンのチップセットが別になり、処理も向上しました。 まず部屋で使った時に、隣で妻の友達とホームパーティをしていて、話し声がザワザワしている状態で、ノイキャンを有効にして音楽を聴いていました。全然話し声が気になりませんでした。 パーティーが終わったことも気づかない始末。 次に路上、環状道路沿いを歩きましたが、自動車のザザーとした排気音や走行音は全く聞こえなくなりました。歩いて利用するときは自動車や自転車などにも気をつけてください。全く気づかないです。 電車内ですが、ホームのアナウンスや電車内のアナウンスは、ちよっと聞こえます。人のおしゃべり音はほぼ音楽をかけている時は聞こえなくなります。電車の振動は体をもって伝わってきますが、走行音は全く聞こえなくなります。 バスですが、振動が大きいので、それは体に伝わってきますが、それに伴う音は聞こえなくなります。不思議な感覚になります。 スターバックス内。結構人の声がザワザワ…

続きを読む

ワイヤレスノイキャンヘッドセット WH-1000XM3 開封の儀式 と 第一印象レビュー

2018/10/6土曜日発売予定のワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3 をソニーストア銀座で予約注文しましたが、2日前の今日に届きました。わーい。 早速開封していきます。 去年発売のネックバンド型の WI-1000X を所有しているので、すでに アプリである Headphones Connect はインストール済みなのと、Xperia ならNFC で一発ペアリングです。 早速電源入れて、タッチしてペアリング アプリを起動すると 名前を聞かれる状態でした。 特に変える必要ないので、そのまま登録完了ボタンをタッチ。 早速アップデートが googleアシスタントが有効になるようです。Bluetoothの安定性も増すようですが、自分はアシスタントを使う用事がないので、そのままで使うことに。 安定性が悪かったらアップデートする予定です。 デフォルトのバージョンは、1.0.8 でした。 ちなみにアシスタントの機能のオンオフはアプリからできるようです。 アップデートはいつでもできるようですね。下に表示されています。 自分はハイレゾ音源をほとんど持ってないので、LDAC ではなく接続安定性からSBC を利用していく予定です。 ネックバンド型の WI-1000X で安定しなかった満員電車や工事現場(なんか電波でてるのか謎だけど)で試してみたいと思います。 えーと、付属品ですが、本体共にキャリングケースに入ってました。 ポーチをどうするか検討中です。 開けると…

続きを読む

ソニーストア銀座 GINZA PLACE 2周年記念セールに行ってきた

ソニーストア銀座 が、GINZA PLACE に移って2周年です。 かつてのソニーストア銀座は、今記念公園みたいになってますが、ここに移って2年も経つのかって気分です。 記念セールも、この三連休の間やっていて、大抽選会もやっていたので行ってきました。 ソニーストア常連さんには、2回抽選できるメールが届いているはず。 私も2回引いてきました。 D賞とE賞でした残念。 2階のカフェのドリンク交換券とソニーマーク付きのボールペンでした。 (少し普通のノベルティより立派かな?) 予約購入でも抽選会に参加できます。 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWH-1000XM3 を購入。 10/6 発売日に入手できそうです。 ソニーストア直営店で使える1000円クーポンと、2万以上で使える1000円クーポンで、計2000円割引。 ご愛顧クーポンも使って、10%オフ、三年ワイドにして、36000ほどで購入できました。 ノベルティのタンブラーもまた貰ってしまった。 ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラック WH-1000XM3 Bソニー 2018-10-06 Amazonアソシエイト ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン MDR-1000X : Bluetoo…

続きを読む

Xperia XZ3 について思うこと

毎年の定番の時期に、新しいXperiaが発表されました。 Xperia XZ3 です。 https://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/xperia-xz3/specifications/ 今回、その上位機種であるpremiumやcompact 機については発表されませんでした。 春にXZ2を発売して自分は、そのシリーズのコンパクトモデルである Xperia XZ2 compact を入手して愛用しています。 今まで利用していたのが、正史から異端として扱われている感じの X Performance だったわけですが、それと質感が変わらず、横幅だけはコンパクト機の70mm以下を死守して、ハイエンドのスペックをちゃんとまとめてきたことに評価をしていました。 重さはコンパクト機でとしては残念な150gオーバーですが、皆さんが酷評していた裏面の膨らみのカーブデザインAmbient Flow アンビエントフローですが、実際持ってみると手に馴染むし、見た目ほど厚みを感じなくて自分としては新鮮さも手伝って評価していました。 今回、Xpeira XZ3 でもそのカーブデザインは継承しています。 しかし液晶から有機ELディスプレイ採用によりバックライトが不要になり、少し薄くなっています。 ・・・がおもて面にまたエッジ曲面の加工をしてきました。 サイドセンスという握るというアクションなどをUIに取り込んだのはスペック面で限界にきていて差別化のために採用され…

続きを読む

【Xperiaユーザー限定】人気雑誌7冊プレゼントキャンペーン! 〜2018/8/30

SONY Reader Store にて【Xperiaユーザー限定】人気雑誌7冊プレゼントキャンペーンが展開中のようです。 https://ebookstore.sony.jp/stc/article/campaign/3141/ オレンジページやPen など7誌の少し古い号が無料で読めました。 割とここ数ヶ月このキャンペーンが続いているので、なんか嬉しいです。 Xperia ユーザーで良かったんだけど、どのXperia で判別されているかは不明ですが、、、。

続きを読む

SONY Smart band2 SWR12 を久しぶりに使ってみた

ticwatch がシャワー中に浸水してしまい、復帰不能に陥ってしまいました。 新たにスマートウォッチを買おうかなと思って色々眺めましたが、ticwatch は購入した時より値上げしているし、他のメーカーの製品も最新版の発売が去年の夏のものだったりで、ピンとくる製品がありませんでした。 おそらく今年の秋に apple watch の新作が出たり、クアルコムの新しいスマートデバイス用のCPUが出れば、またニッチなスマートウォッチ業界も賑わうと思うので、それまで我慢することにしました。 しかしながら、スマホのロックを合理的に解除してくれるスマートロックや、大事な通知は逃したくないので、昔使っていたソニーのスマートバンド SWR12 を取り出してきました。 以前、ペアで使うことを想定されているソニーのライフログアプリ LifeLog であるアップデートからうまくロギングができない現象にあってからスマートウォッチに乗り換えた経緯があります。 再ペアリングはNFC か、ボタンを12秒押すとペアリングモードになります。NFCでペアリングするとスマートロックの対象にするためのBluetoothペアリング一覧に出でこないという情報を前もって拾っていたので、手動で再ペアリングを実施しました。 一応スマートバンド用のアプリもあるのですが、バッテリーの残量 チェックや、通知するアプリの取捨選択に利用するくらいで設定アプリの位置付けです。 主にロギングするのは、前述の LifeLog というアプリです。 昔はソ…

続きを読む

Xperiaと電子書籍ストアReader Storeとのコラボ企画 6雑誌が無料 7/31 まで

Xperiaと電子書籍ストアReader Storeとのコラボ企画が先月から始まっていて、もうすぐ終わります。 雑誌をXperiaユーザー限定とあり、メールが届いていて、6誌全て無料でダウンロードすることができました。 さらに、Reader Storeを初めてご利用されるお客様には、雑誌をダウンロードすることで、最新号のご購入にも使える最大90%クーポンをプレゼント中ともあります。 私はもともとReader Storeユーザーなので、クーポンは貰えませんが、上記の雑誌だけでも、なかなか読み応えあります。 日経ウーマン(2017年7月号) MEN’S NON-NO(メンズノンノ)(2018年6月号) Oggi(オッジ)(2018年7月号) 男の隠れ家(2018年5月号) BE-PAL(ビーパル)(2018年5月号) ESSE(エッセ)(2018年5月号) です。 キャンペーンページはこちら https://www.sonymobile.co.jp/campaign/reader_store/

続きを読む

SONY 左右分離型ノイキャンワイヤレス WF-1000X を衝動的に気絶してしまったのでレビュー

昨年の秋に1000Xシリーズとして Bluetoothのワイヤレスで接続してノイズキャンセリングの機能も搭載したヘッドフォンとして3つの製品がリリースされました。 ソニー初の左右分離型の WF-1000X 、ネックバンド型のWI-1000X、オーバーイヤータイプのWH-1000XM2 です。 自分は将来的にXperiaもiPhone同様にイヤフォンジャックが廃止されるだろうと思ってワイヤレスを探していたのと、有線より音が劣化していないことを優先したので、ネックバンド型のWI-1000Xをソニーストアで購入しました。 その時のレビューはこちら http://novel-99.at.webry.info/201710/article_4.html また同時期にこの3商品の長時間のお試しもソニーストアの好意でレビューしていました http://novel-99.at.webry.info/201709/article_3.html 夏での使用も併せて、自分の用途としては、WI-1000Xが最適であると判断を下していました。 また発売したてのWF-1000Xでは左右の音プチ切れが頻発しているとのレビューもあったのも影響しています。 さて、それから半年が経ちまして、春の新製品として 独立型ワイヤレスイヤホン第2弾として防滴・ノイキャン搭載の WF-SP700N が発表されたり、外部音を遮断しないXperia Ear Duo(エクスペリア イヤー デュオ) XEA20 も登場と…

続きを読む

My SONY 特典 電子版 デジタルカメラマガジン12月号プレゼント

ソニーストアなどで買い物するときに10%オフ特別クーポンなどを使っている信者の方でしてら、もうとっくに登録しているだろう My SONY ID ! 今回、ID登録者に プレゼントが実施されました。 電子版『デジタルカメラマガジン』12月号です。 Sony Reader Store で利用できるクーポンが発行されました。 また今Reader Store では感謝祭が実施されています。 100円クーポンが貰えますが、メルマガ登録者は毎月100円クーポンは貰っていると思うので 合計で200円。 第1弾は3/8木曜日までなのでクーポン登録忘れずに! 100円クーポンの有効期限は 3/18 までなので、第2弾、第3弾の特典も併用できるかも?! デジタルカメラマガジン 2017年12月号 インプレス 2017-11-20 Amazonアソシエイト by ゴールデンカムイ コミック 1-12巻セット 集英社 野田 サトル Amazonアソシエイト by 宇宙兄弟(33)限定版 (講談社キャラクターズライツ) 講談社 2018-04-23 小山 宙哉 Amazonアソシエイト by 宇宙兄弟(32) (モーニングKC) (モーニング KC) 講談社 2017-11-22 小山 宙哉 Amazonアソシエイト by 応天の門 コミック1-7巻 セット Amazonアソシエイト by

続きを読む

無線LAN子機アダプタ buffalo製 WLI-UTX-AG300/C をnasneに利用する

nasne 2台目を導入しました。 http://novel-99.at.webry.info/201802/article_25.html nasneは無線LANに対応していませんので、無線LAN子機アダプタを追加購入します。利用した子機アダプタは、バッファローの WLI-UTX-AG300/C です。 リビングにアンテナと無線LAN親機があるので、そこに設置するのが合理的ですが、プラズマテレビとBlu-rayHDレコーダにアンテナを利用しているので、減衰が気になるので、他の部屋のアンテナ端子を利用しています。 また、nasneのハードディスクはそれほどうるさくないのですが、外付けハードディスクの音がキュィーーンと高周波音がする時があるので、普段人がいない納戸に設置しています。 当初、nasneは一台だけだったので、一台のみを無線化するために、WLI-UTX-AG300/Cを購入して利用していました。今回もそれと同じ構成をとるために同じものを導入します。 また余った親機を中継器として利用したり、これよりも安い中継器を利用することも可能だと思います。 WLI-UTX-AG300/C のメリットは、「スッキリ設置」「かんたん設定」「ボタン押すだけ」です。また干渉を受けづらい11aに対応しています。 最近の機器は11ac対応ですが、それには対応していません。 しかしながらnasneのHD画質を配信する程度であれば、30Mbpsほどの帯域が確保できれば良いのであまり意識しなくて良いと感じています。…

続きを読む

ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1) 本体ソフトウェアアップデート

ワイヤレスポータブルスピーカー「h.ear go(SRS-HG1)」に本体ソフトウェアのアップデートがありました。 アップデートの内容は、 ・本体ソフトウェアのセキュリティを強化 ・Chromecast built-inサービスの変更に対応 、、、です。 本アップデートは対象機種をネットワークに接続していると自動的に適用されるようですが、Sony | Music Center(旧SongPal)アプリからもアップデート可能です。 アプリを開くとアップデートの案内があるのでタップします。 確認が出ます。 15分とありますが、私の環境では2分程度でした。 終了すると、再起動が自動でされ、またアプリで接続可能になります。 設定>その他 で、ビルド番号を確認してください。 5.03 になっていると思います。 アップデート開始日は2018年2月27日(火)からです。 その他の手順など詳しくはこちら↓を参照ください https://www.sony.jp/active-speaker/update/?s_tc=jp_ml_inf_active-speaker_180227_01 ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go SRS-HG1 : ハイレゾ/Bluetooth/Wi-Fi対応 チャコールブラック SRS-HG1 Bソニー(SONY) 2016-04-16 Amazonアソシエイト by ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤ…

続きを読む