ウェラブルネックスピーカー SRS-WS1 の純正カバーCKS-SRSWS1 保護はながら操作・充電可で、水洗い…

ウェラブルネックスピーカー SRS-WS1 を今更ながら入手しまして、同時にソニーオータムフェアでゲットしたクーポン券を利用して、ソニー純正カバーCKS-SRSWS1 も入手しました。 保護はもちろんで、ながら操作もできます。 カバーしながら接点充電およびmicroUSBコネクタ充電も可です。 そして水洗いも可です。 パッケージから取り出したるは CKS-SRSWS1 萎んだミミズのようです。 まずは端っこを入れてと。本当にピッタリに作ってあるので、割と入れるのが大変。位置決めは、ボタンアイコンが印字されているのとmicroUSBの穴があるのでそれを合わすようにするといいかも。 両方がはいってから、首の後ろ側を入れ込んでと。あとはチャックをしめて完成。 チャックを開けると接点充電部分が露わになる仕組み。自分は、microUSB端子を使うので、チャックは閉めたままです。 ちなみに音量上下ボタンとmicroUSB端子の部分はこんな感じ。 電源ボタンはこんな感じ。 ソニー純正の安心感。洗えるのもGood。本体に汚れがつかないので、よく使う人には特にお勧めできるアクセサリーですね。 ソニー SONY ウェアラブルネックスピーカー テレビ/映画/ゲーム用スピーカー 音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1ソニー SONY SRS-WS1専用純正カバー カバーをしたまま操作・充電可/水洗い可 CKS-SRSWS1SONY ウェア…

続きを読む

ウェラブルネックスピーカー SRS-WS1 を今更ながら導入してみた

ソニーストア銀座のオータルフェアで店内体験(アベンジャーズのセル盤の宣伝に体験コーナーが出来上がっていた)で、おおと思って気絶してしまった SRS-WS1 が届きました。 ソニー SONY ウェアラブルネックスピーカー テレビ/映画/ゲーム用スピーカー 音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1 最初箱でかっと思ったら、SRS-WS1の箱も想像よりも大きかった。 SRS-WS1がやはりでかい。真ん中に送信機ユニットと接点充電用のユニットがある。これまとめればいいのにってくらいちょっと無駄が多い。 首の後ろ側にる部分に充電用の端子があり、このユニットに置くだけで接点充電できる。レビューでは、わりと設置がシビアらしいのと、本体にmicroUSBの端子があるので、このユニットはそっと箱にしまいました。 次送信機のユニット。イヤフォン端子と光デジタル端子と、充電用のmicroUSB端子がある。 小さな石鹸みたい。たぶんテレビの近くに置くので、黒の方が良かったともおもえるが、割と主張しない色なので、まぁいいか。 ネックスピーカーの音がでるところ。 端っこには、音量の上下ボタンとmicroUSB端子がある。 もう片側には 電源ボタンと低音振動のボタンがある。振動ボタンは押すと、弱→中→強→ループになるのだが、音量ボタンみたいにループしない方がいいと思う。 振動している最中に操作をして、今どの位置なのかがわかんなくなるからである。 ちょ…

続きを読む

SONY 液晶ブラビアKJ-43X­8000E と 台座サウンドバー HT-XT2 での DTSHDMA の再生 …

UBP-X700 を購入しました。 https://novel-99.at.webry.info/201907/article_32.html https://novel-99.at.webry.info/201908/article_3.html https://novel-99.at.webry.info/201908/article_4.html そこで唯一我が家にあったブルーレイの インターステラーを再生したところ英語音声がでませんでした。 収録音声は、 1. DTSHDMA 5.1ch:英語 2. ドルビーデジタル 5.1ch:日本語 です。 接続の具合はこんな感じ。 UBP-X700[HDMI OUT1] ==== [HDMI2]KJ-43X­8000E[HDMI3 ARC] ==== [TV ARC]HT-XT2 UBP-X700とHT-XT2は直­接接続せず、サウンドバーはBRAVIAを介しています。 またKJ-43X8000EとHT-XT­2は同軸デジタルケーブルでは接続していません。 ブルーレイプレーヤーの音声認識をビットストリーム(設定としては自動)ではなくPCMに手動設定するとサウンドバーから音はでます。 ソニーに聞いてみました。結果はブラビア、サウンドバー共に両方にDTSHDMAに対応していないことに起因しており、5.1chの質問も投げたのですが、HT-XT­2のサラウンド機能は一旦HT-XT­2で処理をしていることを知るこ…

続きを読む

プレミアム ハイスピード HDMIケーブル購入 SONY UBP-X700 用

SONY Ultra HD Blu-ray プレーヤー UBP-X700 を購入しました。 プラビアも4k HDR対応ですし、サウンドバーも購入して、臨時5.1ch 環境にもできるので、我が家もシアタールーム実現に近づきました。 さて、SONY Ultra HD Blu-ray プレーヤー UBP-X700 ですが、Ultra HD Blu-ray に対応しているので、4k HDRの画像を扱えます。 そのため、プレミアムハイスピード HDMIケーブルが必要です。 わりとHDMIの界隈に疎かったのですが、今はVer2.0になっているんですね。4K対応って書いてあっても、HDRや60pに対応してないので注意が必要。 検索する時は、18Gbps をキーワードにすると最適なケーブルが選べると思います。 ソニー製のメーカーのものは8000円くらいするので、エレコムのものを3500円ほどで購入ました。 店頭ではパッケージを見たほうが良いですよね。1.5mを選択。 プラビアのHDMIは端っこに搭載されているので、1.0mだと不足しそうだったので。 他、裏の説明。HDMI規格を載せるのは禁止されているらしく、Ver2.0の文字はないものの、4k HDRに対応などが謳われています。 ケーブル規格認証にも通っていて安心。 18Gbps の文字も。ここに規格のバージョンありました。 明記してよくなったのかな。 詳細仕様。 QRコードもついていたので、これも撮っ…

続きを読む

SONY Ultra HD Blu-ray プレーヤー UBP-X700 セットアップと音声がでないトラブル

SONY Ultra HD Blu-ray プレーヤー UBP-X700 を購入しました。 うちにブラビアが来て、ハードディスクレコーダの BDZ-AT700 を引退させて、円盤を買うことなくなってしまいましたが、AT700からDVDに退避した録画や、もしかして円盤をレンタルしたり、買ったりするかもと思い、せっかく4K HDR の表示ができると思い、これにしました。 開封はこちら(ケーブルの長さや大きさの感じ)↓ https://novel-99.at.webry.info/201907/article_32.html さて電源投入するとブラビアリンクが働いて、自動的に接続したHDMIに切り替わります。 最初に高速起動をするか聞いてきます。消費電力がかかりますが、オンにしておいた方が幸せ。3秒以内に起動してくれます。 4K Ultra HD 60p の映像コンテンツを見るために、テレビ側の設定を変更してねという注意。 その時は対応するケーブルが必要。 18Gbps 対応のいわゆるプレミアムハイスピードHDMIケーブルがいります。これは付属しないので、購入しなくてはなりません。 結構高め。 かんたんネットワーク設定。 すぐに終了してホーム画面に。シンプルですね。 すでにソフトウェアは最新でした。 設定画面。 さてテレビ側の設定を変えますかということで、拡張フォーマットを有効にします。といってもソースがないなぁ、Netflixで探してみようかなぁ…

続きを読む

SONY Ultra HD Blu-ray プレーヤー UBP-X700 開封の儀式

SONY Ultra HD Blu-ray プレーヤー UBP-X700 を購入しました。 うちにブラビアが来て、nasne の二台体制で torne mobile の利用、Netflix の利用で、もともとサブのサブの扱いだった BDZ-AT700 がほとんどん利用しなくなってきました。 8年前の製品なのと、Blu-ray も動作しなくなったので、それを下取りにしてプレーヤーを買うことにしました。 もうしばらく円盤を買うことなくなってしまいましたが、AT700からDVDに退避した録画や、もしかして円盤をレンタルしたり、買ったりするかもと思い、せっかく4K HDR の表示ができると思い、これにしました。 ブルーレイHDDレコーダーと比べるとふた回り位小さくて軽いです。1kgくらいしかないと思います。 Ultra HD Blu-ray に対応、 HDRにも対応しています。 他、USB端子もあるので、各種動画ファィルを再生できます。 ブラビアに搭載されているので使わないですが、Netflix や Amazon Prime Video 、Youtubeにも対応しています。 端子は、LANとアンプ用になのかなAudio用のHDMI端子が余計についています。 サラウンドサウンドにも対応していますね。 小さいのでラックの上(テレビの下は無理だけど横にとか)にも置けるくらいの小回りさ。 開封。お尻側から開けてしまいました。 でも正面がお尻側なのか…

続きを読む

SONY BRAVIA KJ-43X8000E にHDDを繋げよう ただしサーバー機能はなし

SONY BRAVIA KJ-43X8000E を購入して約半年経ちました。 もともとソニーゆる信者なので、ソニー製品で揃えると恩恵を受けることは知っていたのですが、今まで、バラバラだったピースがうまく合致してとても便利に使っています。 家では録画機器としてnasne を二台導入しています。 タブレットなどでしか見れなかったものが、ブラビアにtorne アプリを入れればリモコンでナスネの番組が見れます。ネイティブアプリかのような操作感。 以前のテレビでは Chromecast HD を使ってネトフリなどの動画を大画面で楽しんでいましたが、これもブラビアのネイティブアプリで視聴可能です。 また古いソニー製のハードディスクレコーダーがあるのですが、それについてもリモコン操作で見ることが可能です。 そんなanywhereな動画視聴環境の中で、基本nasneが中心に活躍するのですが、三番組が被る場合があります。年に数回。 なので、ブラビアのチューナーも使えるようにしておこうということで、家に余っていたハードディスクを繋げて録画環境を整えます。 ブラビアの背面には3種類のUSBがありますが、繋げるのは3.0仕様の青いコネクタのところです。 そこにポータブルハードディスクを繋ぎます。もともとポータブル仕様の製品を使ったので、電源不要でした。 繋げるとすぐに検出をおしらせしてくれます。 録画用機器として登録を選択します。 確認画面 データ消えるけどいいよねの…

続きを読む

ソニー台座タイプサウンドバー HT-XT2 の設定について

ソニー台座タイプサウンドバー HT-XT2 を購入して、BRAVIA KJ-43X8000Eと組み合わせています。 HDMIケーブルも付属しているので、繋ぐだけでほぼ設定が完了する簡単さです。 細かい設定ができるようですが、HDMIで接続されているので、そこで設定画面を見ることが出来ます。 ブラビアの場合はHDMI3がARC(オーディオリターンチャンネル)対応の口なので、そこに接続してください。 ブラビアの方で、HDMI3に切り替えると設定画面がでます。 自分は、はじめて設定するので、簡単設定の画面になっていました。 はいを選んで次へ 高速起動の設定が可能です。消費電力も微々たるものだと思うので、オンがいいと思います。電源はブラビアリンク勝手にが設定されるので、テレビの電源を入れたら勝手にサウンドバーも起動します。高速起動を有効にすることで無音状態が短くなりますね。 次にネットワークの設定です。 このサウンドバー無線も対応しているので、WPSなどの設定になると思うのですが、自分は有線での接続なので、そのままネットワークの設定が完了しました。 このサウンドバーはChromecast (Google cast)に対応しているので、はいを選んで設定してしまいましょう。 Chromecast は電源が入っていない状態でもキャストできるわけですが、同意した時点でさっき設定した高速起動が有効になります。待ち受け状態になってスタンバイに入るってことになります。 設定完了。 すぐにアップデートが降…

続きを読む

ソニー台座タイプサウンドバー HT-XT2をBRAVIA KJ-43X8000Eに設置

BRAVIA KJ-43X8000E を買いました。 ソニー信者なのでブラビアを購入したわけですが、4kテレビを購入しました買い、Netflix にも加入しているし、4kコンテンツも購入したこともあり、音にも少しこだわってみようと思いました。 今回は、ソニー 台座タイプサウンドバー HT-XT2 を結果的に購入しました。 (選択の時に比較対象とした製品などについては こちらのその1→ https://novel-99.at.webry.info/201810/article_28.html ) HT-XT2 は台座タイプのサウンダバーで、バー扱いされているけれど、テレビの前に置いてつかうのではなくテレビを載せて使うタイプのものです。 今回テーブルの端で画面の底部が切れてしまうこともあり、テレビの高さを底上げする目的もあり台座タイプにしました。 届きました。重さはそこそこあります。華奢な女の人だと苦労するかな。 平らに置いて取り出す箱の構造のようです。箱を寝かせてパカリ。 手前にHDMIケーブルがあります。ケーブルを省いていないのは好意的です。 長さはテレビの下に置くことを考えると妥当な長さです。長すぎず、短すぎず。 HT-XT2のHDMI端子は中央にあるので、全然十分です。 手前にリモコンがあります。 電池はソニー製の単4電池がふたつ説明書の袋の中にあります。 少しテレビのリモコンにちかい感じのリモコンです。 本体を取り出します。大人一人で持ち上げられます。 一人で作業していま…

続きを読む

ソニー台座タイプサウンドバー HT-XT2 とBRAVIA KJ-43X8000Eの組み合わせ

BRAVIA KJ-43X8000E を買いました。 今までは10年以上利用してきた日立製のプラズマテレビを利用していましたが、液晶の技術が頭打ちになり成熟期の末期に来ているので、ソニーのブラビアを購入しました。 ソニーのブラビアは薄く、薄いなりに画面埋込み型でスピーカーを搭載しているのですが、少し厚みが不足している感じがあったのと、せっかく4kテレビを購入しました買い、Netflix にも加入しているし、4kコンテンツも購入したこともあり、音にも少しこだわってみようと思いました。 今回は、ソニー 台座タイプサウンドバー HT-XT2 を結果的に購入しました。 検討したのは、ソニー信者なので、ソニー製品の中だけですが、バータイプの三万円以下の商品です。 ・HT-S200F 2.0chのサウンドバーにコンパクトにウーファーを内蔵した製品。HDMI ARCに対応しているのも◎最初はこれを狙っていた。 ・HT-S100F 200の下位製品。大きさもあるがウーファーは内蔵していない2.0chのスピーカー これを買うなら、200買うよって思えるものだった。選択肢から早々に外れる。 ・HT-CT380 二年前のサウンドバーで中くらいのウーファーが付くサウンドバー。評価は高く、少しずつ値段が下がっていて、HDMI ARCに対応しているのも◎。ウーファーの置き場所に迷いを感じていた。 ・HT-MT300 少し前のサウンドバーで、コンパクトなウーファーが魅力的、HT-S200Fと同じくらいの大きさ。ウーフ…

続きを読む

SONY BRAVIA KJ-43X8000E 購入。nasne と HDレコーダの録画を見よう

日立のWoooを10年以上前に購入して利用してきました。 それなりに見れていましたが、それともおさらば。 まず求めたのが4Kだったので、有機も考えたのですが、液晶の小慣れた感じも捨てがたいと思い、価格と相談して、ソニー のブラビア KJ-43X8000E にしました。テレビが生活に占める割合が減ったのも一因です。数十万円以上出して出して有機を買う気が起きませんでした。 約七万円で購入できました。2017年製です。 なぜ最新の夏に発売された2018年モデルにしなかったかというと、型番から分かるようにエントリークラスの4K液晶モデル である 7500F は機能が削減されています。あとリモコンに余計なボタンが増えたからです。 8000E には、倍速はないものの、トリルミナスディスプレイが搭載されているので、色が鮮やかです。 androidTV も搭載されていて、4k HDR対応など基本部分はあまり変わりません。 設置まではこちら(大人ひとりで設置、裏面の端子などの写真を含んだレビュー) https://novel-99.at.webry.info/201810/article_16.html 初期設定と4k動画プレゼントのキャンペーンなどについてはこちら https://novel-99.at.webry.info/201810/article_17.html さて、このBRAVIAを購入したのには大きな野望がありました。 今まで、日立のプラズマテレビに Chromecast Ultra を接続…

続きを読む

SONY BRAVIA KJ-43X8000E を購入しました 初期設定など 4K映画を貰おう♪

日立のWoooを10年以上前に購入して利用してきました。 それなりに見れていましたが、それともおさらば。 まず求めたのが4Kだったので、有機も考えたのですが、液晶の小慣れた感じも捨てがたいと思い、価格と相談して、ソニー のブラビア KJ-43X8000E にしました。テレビが生活に占める割合が減ったのも一因です。数十万円以上出して出して有機を買う気が起きませんでした。 約七万円で購入できました。2017年製です。 なぜ最新の夏に発売された2018年モデルにしなかったかというと、型番から分かるようにエントリークラスの4K液晶モデル である 7500F は機能が削減されています。あとリモコンに余計なボタンが増えたからです。 8000E には、倍速はないものの、トリルミナスディスプレイが搭載されているので、色が鮮やかです。 androidTV も搭載されていて、4k HDR対応など基本部分はあまり変わりません。 設置まではこちら(大人ひとりで設置、裏面の端子などの写真を含んだレビュー) https://novel-99.at.webry.info/201810/article_16.html 電気を入れると、ようこその画面、日本語と英語が選択可能。 ちなみにリモコンの電池は単4 を 2本です。(最初電池付属なしと思っていたら説明書の袋にソニーの電池がついてました) リモコンは、Netflix と Google play のボタンが真ん中についていて、最新機種のようにゴタゴタ別のサービスのボタ…

続きを読む

SONY BRAVIA KJ-43X8000E を購入しました 開封から設置まで

日立のWoooを10年以上前に購入して利用してきました。 さすが上位機種で、結構な値段で購入したプラズマディスプレイのテレビなので、なかなか壊れない。 プラズマテレビといえば焼き付けが起きますが、それも10年経ってもほとんど発生していませんでした。 音についてもそれなりのスピーカーがついていたので、音も良かったし、HDとSDの間の解像度でしたが、黒が映えるので、それなりに見れていました。それともおさらば。 まず求めたのが4Kだったので、有機も考えたのですが、液晶の小慣れた感じも捨てがたいと思い、価格と相談して、ソニー のブラビア KJ-43X8000E にしました。テレビが生活に占める割合が減ったのも一因です。数十万円以上出して出して有機を買う気が起きませんでした。 約七万円で購入できました。2017年製です。 なぜ最新の夏に発売された2018年モデルにしなかったかというと、型番から分かるようにエントリークラスの4K液晶モデル である 7500F は機能が削減されています。あとリモコンに余計なボタンが増えたからです。 8000E には、倍速はないものの、トリルミナスディスプレイが搭載されているので、色が鮮やかです。 androidTV も搭載されていて、4k HDR対応など基本部分はあまり変わりません。 生産は終わっているのでソニーストアではもうかえないですが、量販店などの在庫限りで7500Fより安く入手できるのがメリットでしょうか。 さて設置。プラズマテレビより圧倒的にかるーい。一人で…

続きを読む

nasne ナスネ を2台体制にする

ソニーBlu-ray HDDレコーダの BDZ-AT700 が購入から約8年経っていまして、 その後で導入した1台目のnasneも約6年経過しました。 今の使い方としては、これまた10年以上経過の日立のプラズマテレビ P42-HR01 にHDDレコーダを繋いで、食事の時の録画消化しているのみで、それ以外は10インチAndroidタブレットや12.9インチのiPad Pro見ています。 どっちで視聴するか分からない番組は、HDDレコーダとnasne両方に予約を入れる感じで対応しています。 録画の予約は、Video & TV Side View を利用すればタブレットでHDDレコーダもnasneにも予約が可能なのでそれほどストレスなく予約作業が可能です。 ロケーションフリーの環境も慣れてしまったといっても、リビングに鎮座する大型テレビの迫力はまだあるので、去年秋から利用し始めたNetflixを見るために、chromecast ultraを導入しました。 chromecast ultra でnasneを取り扱えれば良いのですが、日本独自の著作権保護できっと将来的にもキャストできないような気がします。 こうやってロケーションフリーとキャストする環境が整ってくると、HDDレコーダーがどんどん孤立してきました。すでにBlu-rayは故障してDVDしか視聴できないレコーダちゃん。 nasneの分身として活躍するのみで、TVにしか出力できない昔仕様。 今の環境を鑑みて将来を考えて、nasne側に投資すること…

続きを読む

新ブラビアを見に行ってみました(2015年モデル6月発売)

今日は、休日出勤だけど、早めに切り上げて有楽町へ。 またまた、ソニービルです。 一昨日に、新ブラビアの発表会があったので、展示していると思い覗いてみます。Xperia Z4もついでにあれば、話を聞いてこようという魂胆(実機自体は、同じく有楽町のドコモラウンジに既に展示してあったのでさわったのですが・・・)。 あいにく、Xpeira Z4は無かったものの、新ブラビアは展示してありました。 今年くらいから4Kが普及期にはいってきそうなのですが、ハイレンジの4Kもありますが、今回は、ミドルレンジの4Kもラインナップしています。 4Kと2Kとの比較は、そのミドルレンジの製品で行われていました。 まずは、ハイレンジの方を試してみます。 横にスピーカーがついているやつです。やはり音が良い。直径10センチくらいのスピーカーがガンガン震えていました。 あと、ハイレゾのアップスケール機能なんかもあるようですが、 耳の悪い私は聞き分けができませんw 次に、今回は、オリジナルOSではなく、Android TVが搭載されているので、その使い勝手を。 少し前のブラビアから付いていたのかなフリックやスワイプができるクリッカブルなスモールリモコンが付いています。 だいたいの操作はこれでできる模様。左下が戻る、右下がホームのようです。 左上にはGoogle先生の音声専用ボタンが。 「東京 天気」で「とーきょぅーの てんきはぁ♪」と GoogleNowのインターフェイスが…

続きを読む