FF14 ハウジング ウッドロフトシリーズは少し癖がある 卓上物しか置けないよ

ファイナルファンタジー XIV をやっています。エンドコンテンツは最初の2年間くらいは必死にやっていましたが、最近はライトプレイヤーでストーリーを追うだけの感じになっています。
といっても惰性でというより、楽しむところが変わった感じです。
パッチが3ヶ月に一度くらいのペースで追加されるのですが、それに伴ってハウジングの家具が追加されます。
ハウジングは個人宅やギルド(FC:フリーカンパニー)宅などあり、庭や室内をいろんなアイテムでカスタマイズできるというもの。
庭具は30という制限があるものの、室内は100以上のアイテムを設置できるので、室内ハウジングはハッシュタグができるほど活発にみんなが思考工夫を凝らして頑張っているコンテンツです。
クラフターで作るってのも楽しいです。材料をギャザラーで取ってきてクラフターで作成して、それは生活しているかのような錯覚。
たまにクラフターの上位装備でないと作れない家具があったりして手が抜けません。
(でもHQハイクオリティ品を作らなくても良いので、ガチクラフターよりかは敷居が低い)

さて家具のバグを使った浮かし技があるのですが、自分は使わずに内装しています。
バグってのもあるけど、やり方が面倒だからかなw
画像

浮かし技を使わなくても中空に床をつくることができるウッドロフトというアイテムが実装されました。今までは家具を浮かせてロフト風のものを作っている方がいましたが、実装されると聞いて胸熱でした。

四畳くらいの大きさのウッドロフト、そこに繋がる階段であるウッドステップ。また細い柱風のウッドビームなどが実装されました。
低レベルでも作れるのでサクサク作っていけます。
画像

設置してみるとどうやら壁掛け家具としての実装のようです。
壁に接していないとNGです。もちろん浮かしバグを使えば部屋の真ん中に設置できます。まぁその辺はいいかなと思っていました。

高さの制限がありまして、壁といっても、ララフェルの高さくらいまでしか下に下げれません。つまり床から小上がりみたいな使い方はできません。
一部の家具と組み合わせて使おうと思っていたので、この仕様は残念でした。
画像

室内のカメラの具合からすると、割と見栄え良く設置できる箇所は限られますね。
我がギルドのハウスはMサイズなのですが、地下に階段からアクセスできるようなところにロフトを作成しました。ぬいぐるみを沢山置いて、秘密の屋根裏風にしました。
あと2つ設置したのですが、どちらも階段の途中に設置しました。
フロアからギリギリジャンプで届きます。
画像

そして最大の残念仕様が、卓上品しかこのウッドロフトシリーズに置けないというもの。絨毯を引いたり、ベットを設置したりできません。
なんとか卓上品で綺麗に飾りました。でも実装的に難しいという納得をしていますので、今では実装してくれたことに感謝の気持ちが上回っています。
画像

2019年3月下旬だと言われるパッチ4.56にてワールド間テレポが実装されます。
ハウジングを内覧できる範囲がワールドを跨ってできるようになるので、わくわくしています。色んなお家を眺めにいけますし、我がギルドハウスにも人が来てくれるとうれしいな。

イフリート鯖 ラベンダーベッド8表 21番地 でっす。

以上









ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ぬいぐるみ カーバンクルエメラルド
スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX)
2015-09-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト








"FF14 ハウジング ウッドロフトシリーズは少し癖がある 卓上物しか置けないよ" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: