iPad Pro 11インチのモバイル性能 mini5 と比較してみて

iPad Pro 11インチを iPad mini5 を持っているのに、唐突に手に入れてしまい、モバイルデバイスとして取捨選択を迫られています。

2週間ほど経過していますが、今のところ、モバイルは11 インチだけを持ち歩いて判断しています。
BD101204-3EF5-424D-BA41-D25C67A37928.jpeg
用途としては、文章書きと、絵描きです。
iPad mini5 のサイズで、iPad Pro が出てくればされが最適解なのかなぁとてう結論になりそうなので、どちらにも一長一短がありそうです。
24000DD9-E4B5-4D26-8909-D379ED852155.jpeg
割とiPad mini5 は気に入っていまして、12.9インチのiPad Proを第2世代から第3世代に買い換えるまで、11インチのiPadは気にしていませんでした。

もともと第3世代のiPad Pro で気に入らないと思っていた剛性のなさも、今のところ余程圧力をかけない限り大丈夫そうだと分かり、apple Pencil2 の単独で充電できない欠点も許容できているので、モバイルデバイスに11インチ欲が出てきた理由です。
mini外側の皮サイズでiPad Proが出る、miniの画面サイズでiPad Pro が出るとなったら、そこが最適解であるということに到達してきました。

mini5 の良さ
1)軽い圧倒的に軽い
300g を切って欲しい欲はあるけど、Androidのこのサイズが衰退した中で、高速でiPadOSの負荷にも耐えられるパワーも持ち合わせてるのは素敵です。

2)このサイズでお絵描きが可能
apple pencil はもう全iPadのシリーズのデフォルトになったわけですが、このサイズでお絵描きできるのは最高です。外でお絵描きする機会が増えました。

mini5 の欠点
1)ソフトウェアキーボードだけだと不安。
なので200g増になりますが、キーボードを持ち歩いています。

2)2画面で絵描きはしにくい
絵描きでサイズってあまり意味がなく、手元さえ描写できれば良いくらいだというのか認識できたのですが、2画面にして何かを参考にして絵を描いたりすることまではし難いと思いました。今はiPhone11 を横に置いていますが、画面が消えるのがいちいちウザいんですよね。

Pro11インチの良さ
1)ソフトウェアキーボードだけでも満足できるキーピッチ。
かな打ちなので、ローマ字打ちを別途しなくてはならないですが、iPad本体だけ持ち出してもなんとか文章書きができるのは利点です。

2)2画面が活かせる
12.9インチを持ち出しテストしている時に当然2画面にして絵描きなんかをしていたのですが、この11インチでも一回り画面が小さいだけなので、全然可能です。

Pro11インチの欠点
1)比較するとやっぱり重い
400g切ってくれると嬉しいのですが、所詮このサイズなので、miniと比べると重いです。150gの差を感じるかというと微妙ですが、軽さは神だと思っているので、この点だけ言うとmini最高なんですよね。

2)FaceIDがまだ洗練されていない
横向きにしても顔認証できるってプッシュされてましたが、やっとスタートラインですよねそれって感じです。iPadってiPhoneと比べるとまだパーソナライズされていないので、共有できないFaceIDは迷惑なんですよね。
モバイルということで、私の顔のみ登録しましたが、FaeIDにしているの(TouchIDの時もそうなんだけど)2日くらい認証してないとパズコード必要っていう仕様も変更可能にしてほしいです。

さて、総合的に、apple pencil2 の使い勝手が優っていて、mini5は一旦手放そうと思ってますが、mini Proがでたらそっちに移行します。

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 64GB) - シルバー (最新モデル)
Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 64GB) - シルバー (最新モデル)iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)
iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)エレコム iPad Pro 11 (2018) フィルム ペーパーライク ケント紙タイプ (ペン先磨耗防止) TB-A18MFLAPLL
エレコム iPad Pro 11 (2018) フィルム ペーパーライク ケント紙タイプ (ペン先磨耗防止) TB-A18MFLAPLL

この記事へのコメント