SONY WI-1000XM2 開封の儀式(付属物やケースの具合)

12/7が発売日のソニー製 ノイキャンワイヤレスネックバンド型ヘッドフォン が発売日前にソニーストアから届きました。 相変わらず梱包が大きい割りに雑な梱包材です。 最初開封の仕方が分からなかったのですが、横にスライドする方式でした。 もともと WH-1000XM3 を持っているので、アプリはダウンロード必要ないのですが、ノイズキャンセルの具合などを調整するためのアプリがあるので、ダウンロードして接続するようになっています。 アプリ内で、BluetoothやNFC などの接続方法を選べるようになっています。 トリプルコンフォートイヤーピースのS・M・Lとハイブリットイヤーピースの L・M(本体に装着済み)・S・SS が付属します。 ケースですが、予想より大きいです。 厚みがありますね。もう少し薄いケースのが良いと思います。 本体もケースの中に最初からおさまっています。 ソニーマークはオレンジです。好きな色。 ストラップも付いているので、ぶら下げたり、指からぶら下げたりできます。 開封。 付属物は、飛行機用のアダプタ、有線用のオーディオケーブル(普通のオーディオケーブルになりまして、汎用性が増しました)、TypeCのケーブル(凄く短いです)です。 ヘッドフォンの部分は少し前機種より大きくなりました。音質向上かな。軽い磁力の磁石が仕込まれているので、くっつけることができます。 充電はTypeCになりました。TypeCが充電環境の人はこの…

続きを読む