iPad Pro でキーボードなしの状態でどこまで行けるか かな打ちの苦悩

iPad Pro 第3世代を購入しました。 12.9インチのため主に家用で今まで使っていたのですが、大画面をいかして、キーボードを持ち歩かずに、ソフトウェアキーボードでどこまでできるかトライしてみることにしてみました。 iPadもひと回り小さくなり、700gを切るようになりました。 今メインで物書き用に持ち出しているiPad mini5は、350gなのでapple magic keyboard が250g 合わせると600g となるので、まだminiのが携帯製に優れています。 とりあえず持ち歩きソフトウェアキーボードでどの程度いけるかですが、私にとって最大の障害は、ローマ字打ちです。 iPadにはJIS盤面のかな印字のソフトウェアキーボードが無く、日本語かなをインストールすると、あいうえお順のおじいちゃん用wのキーボードが出てくるだけですw 幸い、iOS13から12.9でもフローティングキーボードが使えるため、フリックでも良いのですが、とりあえずローマ字打ちを頑張ってみることにしました。 かな打ちのひとはかなの盤面だけでなくコマンドや英字を入力するために英字盤面も覚えています。 なので容易にソフトウェアキーボードをタッチすることは可能なのですが、問題はローマ字に必要な母音と子音の組み合わせに慣れていないことです。 ローマ字うちを日常的に利用してる方はマスターされていて自然にその組み合わせが出てきますが、かな入力のひとはそこに脳のリソースをつかいます。 やり始めた…

続きを読む