ウェラブルネックスピーカー SRS-WS1 を今更ながら導入してみた

ソニーストア銀座のオータルフェアで店内体験(アベンジャーズのセル盤の宣伝に体験コーナーが出来上がっていた)で、おおと思って気絶してしまった SRS-WS1 が届きました。 ソニー SONY ウェアラブルネックスピーカー テレビ/映画/ゲーム用スピーカー 音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1 最初箱でかっと思ったら、SRS-WS1の箱も想像よりも大きかった。 SRS-WS1がやはりでかい。真ん中に送信機ユニットと接点充電用のユニットがある。これまとめればいいのにってくらいちょっと無駄が多い。 首の後ろ側にる部分に充電用の端子があり、このユニットに置くだけで接点充電できる。レビューでは、わりと設置がシビアらしいのと、本体にmicroUSBの端子があるので、このユニットはそっと箱にしまいました。 次送信機のユニット。イヤフォン端子と光デジタル端子と、充電用のmicroUSB端子がある。 小さな石鹸みたい。たぶんテレビの近くに置くので、黒の方が良かったともおもえるが、割と主張しない色なので、まぁいいか。 ネックスピーカーの音がでるところ。 端っこには、音量の上下ボタンとmicroUSB端子がある。 もう片側には 電源ボタンと低音振動のボタンがある。振動ボタンは押すと、弱→中→強→ループになるのだが、音量ボタンみたいにループしない方がいいと思う。 振動している最中に操作をして、今どの位置なのかがわかんなくなるからである。 ちょ…

続きを読む