最近のiPhoneのデータ移行 前の機種があれば簡単に移行ができる。譲渡のためのポイントなど(かなり慎重なやり方をしています)

iPhone について写真などのデータはすぐに Google Photo に上げてしまいローカルのストレージに拘りがないので、16GBのを利用していたのですが、アプリが少し肥大化してきたせいで、残りの容量が2GB程度になったので、今度のiOS13のアップデートを乗り切るために、新しいiPhoneに機種変更することにしました。
もちろん最新機種ではなく、軽さと小ささが魅力的な iPhone SE です。
32GBのものにしました。
00000IMG_00000_BURST20190830212127555_COVER.jpg
新しいiPhoneが届き電源を入れると、前の機種にポコっと「新しいiPhone設定するかい?」と出る。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190830212556839_COVER.jpg
そのまま続けると iPadなどでおなじみのモヤモヤ撮影
00000IMG_00000_BURST20190830212627294_COVER.jpg
移行の準備に数分
00000IMG_00000_BURST20190830212705749_COVER.jpg
まず新しいiPhoneの認証から設定
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190830212753314_COVER.jpg
次にデータの転送の選択。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190830212802619_COVER.jpg
「iPhoneから転送」と「iCloud からダウンロード」が選択できます
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190830212853051_COVER.jpg
2ファクタの選択が出てきます。
引き継ぎのために必要な手段と勘違いして、2ファクタを有効にしてしまいましたが、キャンセルできるかも。(iOSの2ファクタ Google のよりも面倒なので、やってない)
00000IMG_00000_BURST20190830213034786_COVER.jpg
さて2ファクタの設定にはSMSですが、今の移行状態だと旧iPhoneにSIMが刺さっていると、そのSMSが受け取れませんので注意。
音声メッセージ対応を選択すると着信がでて、移行画面より手前に表示され受けられるので、2ファクタ設定している人でSIMを旧iPhoneに挿入している時は、音声メッセージで対応ください。
00000IMG_00000_BURST20190830213049400_COVER.jpg
設定は続く apple IDやらWi-Fiの転送がされているのでしょう。
00000IMG_00000_BURST20190830213049400_COVER.jpg
いまいちこのiPhoneを承認するという行為がわかんない。
もちろん旧iPhoneの方は移行画面のまま固定されているので承認はできない。幸いiPadの方で承認できたけれど・・・。
MVIMG_20190830_213342.jpg
ここで詰む人いそう。幸い後で承認ができるようです。
MVIMG_20190830_213411.jpg
いつもの利用規約
MVIMG_20190830_213422.jpg
apple Pay は引き継がれません。一応候補が旧iPhoneから出てきますが、ここであとで設定すると、候補は消えてしまいます。
再設定が必要ですね。カードのセキュリティコード入力があるので、apple Pay の再登録をしてください。
あとでする場合は、カード番号のスキャンからです。
MVIMG_20190830_213458.jpg
きたきたapple watch 使うかの画面。続けるにします。
MVIMG_20190830_213608.jpg
Siriの設定。めんどうだけどしておきました。
MVIMG_20190830_213625.jpg
データの転送。ヘルスケアとか色々もろもろ転送します。五分くらい。
MVIMG_20190830_214543.jpg
転送が完了します。パスコードも移行されているので、新iPhoneで認証しちゃいましょう。

旧iPhoneの方は、全てのコンテンツ消せば譲渡可能になるよって言っているけど、前トラブったので、
iPhoneを探すをオフにして、サインアウトして、全てのコンテンツ削除の手順を踏みました。

また、これだとiPhoneを探すの一覧には、ふたつのiPhoneSEがあることになりますので、一覧から削除しておきましょう。
新しいiPhoneの方で行えば「このiPhone」といった言葉が添えられているので、それと違うものを削除すればおけです。

でもでもまだまだ心配、以前この手順を踏んでもアクティベーションロックがかかった時があるので、初期化したiPhoneを再アクティベートできるか確かめます。
この時Apple IDがない状態を選択することで、堂々巡りになることがなくなるので、無事apple ID設定できてないけどiPhoneのホーム画面まで辿り着ければ、譲渡が可能な白ロムになってくれます。
(臆病なので、これを私は二回します。ビクビク)

さようなら旧iPhone。
MVIMG_20190830_230514.jpg

















この記事へのコメント