スマートウォッチ Withings Steel HR Sport 驚異の電池保ち 1ヶ月保つかも

画像

スマートウォッチ Withings Steel HR Sport を三月末に購入して、約2週間が経ちました。
さて、電池残量はというと・・・・49% です。
心拍数は取っていますし、睡眠計測も取ってますし(Nokia Sleep が優先されますが)通知もAndroidの方からバンバン送っています。
画像

もしかすると1ヶ月保つかもしれない。

不具合なのか、盤面上部にある液晶窓に表示される日本語がたまに欠けている時があります。あれ一文字抜けた?とか たまにあります。
あと、日本語と英数字が混ざっているとなのかな、表示がすごくスローになることがあります。

それと未読が溜まると、新着が来ても以前の未読の分を表示しているような気もします。
画像

・・・が、通知はチラっと最初に出るアイコンを見るだけで、結局スマホを見るので、気になりません。

今まで、Androidで多くのスマートウォッチを利用してきましたが、盤面を楽しむためにある液晶と割り切りができるようになりました。
今回のように、盤面が通常の時計のようですと、好みが最初から分かれていますが、Withings Steel HR Sport はシンプルで美しいので好きです。
通知ももちろん液晶大きいと見やすいですが、時計しか見れない時って少なくて、音声返信もするほど急ぎの返信ってないですし、通知振動があればいいかなぁという。

今回のWithings Steel HR Sportももっぱら暗い時のデジタル時計として、電池残量を表示するくらいしか使っていません。

apple watch が来たせいで、時間確認はそっちになりそうだと考えると、Androidの振動通知だけが目的で、黙々と心拍数を取り続けて1ヶ月も電池が保つかもしれない こいつは自分の所望にあったスマートウォッチとなりました。
画像










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック