ワコム ペン先を交換。標準ポリアセタール芯とフェルト芯があるので注意

相方が仕事でワコムのペンタブレットを利用しているのですが、すり減るペン先。
台座かどこかに隠されている予備のペン替え芯も既に利用していることを確認して、ペン先の替え芯を購入しました。
画像

まず買ってしまったのは、標準ポリアセタール芯 ACK-20001 でした。
Intous4 用であることだけ確認して購入したわけですが、相方からはこれとちゃうと言われてしまいました。
画像

ふーむ。今度はちゃんとフェルト芯を注文。FUZ-A121 (0FUZ-A121-OPX XLA-C468-01 どれが型番やねん)
画像

スタンダードだと先に注文したものだと思います。
フェルト芯の柔らかくてサラサラした描きごごちが好みの方は、後者を買ってください。なかなか見分けがつかないですよね。とほほ。

どちらも芯抜きの金具と、替え芯が五本入っています。

フェルト芯の方が紙に描いているような抵抗感なのだか。
自分は標準芯を利用しています。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック