novel99

アクセスカウンタ

zoom RSS スピーカー h.ear go(SRS-HG1) のChromecast機能のトラブル

<<   作成日時 : 2018/12/07 12:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1) を去年に購入して寝室で利用していました。
テレビをブラビアに変えてから、テレビのサウンドバーとして HT-XT2 を購入しまして、その機能として追加のサラウンドスピーカー機能てのがありまして、h.ear go(SRS-HG1) 二台を利用して背面の2chのスピーカーに使えるというものです。

今、h.ear go(SRS-HG1)は再機種では少し軽くなり音質も少し改善して、SRS-HG10 というマイナーチェンジ機種がありますが、サラウンドスピーカーとしては同じ機種である必要があるので、古いモデルですが、h.ear go(SRS-HG1)の方をなんとか入手しました。

導入部分が長いですね。まだサラウンド機能は利用できていないのですが、h.ear go(SRS-HG1)の良いところは Chromecast に対応しているところです。
iPhoneやXperia のスマホから音楽をキャストすることができます。

h.ear go(SRS-HG1)が二台あると、どっちが寝室にあるものか判別できないので、名前を変更できて、Chromecast の管理アプリである Google Home というアプリで、グループなどを操作できます。
今回、このChromecast の基本機能である 所在ステータスの更新がうまくできなかった件に遭遇してので、対処方法などを記しておこうかなと思います。
所在ステータスは、各種スピーカーや Google home 配下に置けることができるスマートスピーカーなどを自宅のどの部屋に置いたかなどをグルーピングできるものです。
画像

これとは別にグルーピング機能があるのですが、それとは別の基本的な所在地を残せるものです。
たとえば自宅グループの中の寝室、リビングなどのステータスを指定できます。
家と部屋を選択するだけのシンプルなものです。
画像

部屋名は自由なものを利用できるので、基本的な呼び名の中にないときも大丈夫です。日本語も利用できます。
さて、結果的に、このステータスを更新しようとしたら処理が完了しない旨のエラーメッセージが出てしまって、iPhoneからもNG、XperiaでもNG のどん詰まりでした。
片方のh.ear go(SRS-HG1)では難なく指定できたので、ソニーが悪いわけでもなさそうでした。
名前の長さや日本語の有無など言語的なトラブルというわけでもなかったです。
仕方なくh.ear go(SRS-HG1)の方をリセットすることに、リセットの仕方ですが、リセットピンの穴があるのですが、なんか細いものがなかったので、ボタン側で初期化する方法を調べて実践しました。
スピーカーの電源が入っている状態で、(電源)/PAIRINGボタンと−(音量)ボタンを同時に4秒以上押し続ければリセットできるようです。
初期化が成功すると、再度Google home で初期設定が始まりまして、無事終えると、アプリで所在のステータスを更新できました。

同じような症状の方がいましたら、スピーカーの初期化をトライください。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

スピーカー h.ear go(SRS-HG1) のChromecast機能のトラブル novel99/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる