Wena wrist active をTicwatch pro に装着する ヘッドがつけれない?!

画像

SWR12 を紛失してしまったので、iPhoneの通知が確認できないようになってしまった。SWR12のベルトの構造上どう歩きながら紛失したか記憶がない。
そして中古を購入したのだが、ずごく電池持ちが悪いものを引いてしまった。
Xperia の方はLineをはじめメールなどをTicwatch pro で通知を受けている。
Xperia XZ2 Compact をパケットに入れてiPhone SE をネックバンドで首から掛けている関係で、メインの音声をiPhoneにしているので着信(年に数度だけだが)とiPhoneの方はLineのみを通知設定している。
またSWR12には睡眠を記録するという大事な役目もあるので、色々と代役のものを探していた。
前から少しだけ気にしていたけど、少し高すぎるんじゃないかと思っていたwenaシリーズが、3000円キャッシュバックをしているのと、payapy祭りで20%OFFということで、2万円くらいで、wena wrist active を買えそうなので、突入してきました。
画像

残念ながらpayapyの全額キャッシュバックを受けることができなかったが、payapyの20%OFFは受けれたのと、ビックカメラの5年長期保証にactiveのみは入れるので入ってきた。(保証の方は、1%のポイントと3%上乗せクーポンと残り現金300円で加入)

意外と箱が大きい。いや妥当?
active はエラストマー素材に小さな液晶がついた金属の機械部分がくっ付いていて、反対側には市販の時計のヘッドが付けれる。
画像

本体とそのヘッド部分をくっつけるエンドピースのパーツが2つ。
画像

付属品は、USBケーブルと充電コネクタ、説明書、バネ棒外しとバネ棒予備1つ
画像

各種の名前をとりあえず。説明書から。
画像

充電コネクタは非常にコンパクト。端子はmicroUSB 。
画像

突起は位置固定のためのただの出っ張り。
画像

SWR12との比較。バンドだけなら割と同じくらいの大きさ感。
画像

ヘッドの取り付け方はこんな感じ。バネが仕込まれていて、つまみを少し引っ張って回すって感じである。引っ張らないと回転できないようになっていて、自然に回転して外れるのを防止している構造のようだ。
画像

さて問題のticwatch Proとの装着準備。ticwatch pro のバンド幅は22mmなので標準付属のエンドピースが利用可能、他に20mm 18mm のが別売りされている。
画像

装着してみた。ここまでは簡単。
画像

面からの感じ。すごく自然。
画像

次に問題のエラストマーバンドとの装着・・・・あれ・・穴が・・・。
ヘッドが大きすぎて穴の間隔と合わない。
しばらく沈黙していた。メルカリ行きかヤフオク行きなのか、、、と少しグルグル。
エラストマーバンドは少しだけ伸縮する。
片方の溝がある方の穴の一番端っこに固定して、もう片方は穴を力入れて引っ張ってつまみは縦のままで無理やり引っ掛けました。
画像

つまみをなんとか回転させようとしましたが、無理でした。
しかしながらエラストマーが縮もうとする力が働くので、割と固定されている。
だ・・大丈夫そう。
しかしながらなんかすんごく不安。Ticwatch Pro 確かにでかいのだが、この位のヘッドは意外と男物だったらありそうな大きさなんだけどなぁ。

腕につけてみた感じ
画像

裏の感じ。
画像

1日付けて歩き回ったけど、ヘッド部分は外れる気配はない。
とりあえずこの状態で利用してみる予定。頑張れエラストマーバンドである。
負荷かかってるから大丈夫かなぁ。。。

あとTicwatch Pro を充電するためには、バンドを毎回外さないといけないのだが、少し面倒いね。ticwatch pro の充電コネクタの端子だけのを探したが見つからない。(全体でマグネットで位置を固定しているようだ。)

しばらくこれで使ってみたいと思います。





[wena project] wena wrist active Black WA-01A/B
Sony(ソニー)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト






[wena project] wena wrist pro Silver WB-11A/S
Sony(ソニー)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト