LTEガラホのSIMを3Gガラケーに挿すとネットワーク自動調整に失敗する

ソフトバンクの通話し放題で159円維持しているのSIMが余ったので、ソフトバンクの3Gガラケーである202SHを900円で入手しました。
SIMはガラホ501SHのものだったので、nanoサイズで、202SHの標準サイズのSIMに合わすためにSIMアダプタを噛ませています。
問題なく3Gの電波をつかむことができました。しかし問題がひとつ、ネットワーク自動調整に失敗します。
画像

理由は4GのSIMだからです。必ず失敗するようです。
失敗すると何ができないかというと、なんだろう調べてみました。
ソフトバンクだけ、自動調整のダイアログがでるようですね。どうりで馴染みがなかったのでした。
自動調整ができないと、通信関係ができないので、メール送信ができなかたり、ブラウジングなどができないようで、ものによってはデジカメやワンセグ・フルセグなどが起動不可になるようです。(古い機種は、ロックされるようです)

自分は通話だけなので、問題ないようですが、このネットワーク自動調整を回避したい人は多くいるようです。しかしながら4GのSIMではどうやっても回避不能という結論に落ち着きました。
うざいのが、設定メニューを開く時に必ず、ネットワーク自動調整の問い合わせダイアログが出てくることです。
設定を隅から隅まで眺めましたが、この自動調整のダイアログを消す方法がありません。必ず出てきてしまうので、気持ちが悪いですが。。。まぁいいか。
画像

もともとガラケーを解約後にデジカメ用途やワンセグ・フルセグ用途で使わせなくするための措置の一端だと思いますが、なんともケチな仕様ですね。
それをしつこく聞いてくる仕様もなんかソフトバンクだなぁーって思ってしまいました。








501SH レッド
Sharp

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト