novel99

アクセスカウンタ

zoom RSS ワイモバイル シェアプランのため 店頭で nano SIM 三枚発行してもらう

<<   作成日時 : 2018/08/10 18:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワイモバイルのシェアプランっていうものを頼んできました。
キャンペーンとして、割引が2014年から開始されていますが、もう4年も継続しているので使用料金は固定化されるものと思って利用してみることに。
スマホプランで、利用している容量を分け合うのに利用します。
今契約しているスマホプランはタイプMなので、月に6ギガ利用できます。(9月からは9ギガ)シェアプランの料金は、月々プラス490円です。
タイプLの場合は0円になります。
シェアプランで提供されるのは音声回線SIMではなくSMSが利用できるデータ回線です。主に二台持ちのスマホや、タブレットで利用するのに適したものになっています。
親回線ひとつに対して、3つの回線を契約できます。
つまり最大音声、データ?3 で親回線のギガ容量をシェアできます。
画像

シェアプランは、新規契約時のスマホ購入を伴う場合(例えばiPhone SE)に申し込みができるのですが、nanoサイズのSIMを1枚しか選択できません。
またSIMのみの契約などスマホ購入を伴わない場合は、オプション選択画面にも出てきません。

・・・ので店頭申込が必要になってきます。
色々と調べても、店頭でnano SIMを本当に三枚契約できるか分からなかったので、とりあえず突撃してきました。
1回目は撃沈。
契約になるので、本人確認のための証明書か必要になります。
これは音声回線と同等のものなので、ワイモバイルの場合は、運転免許書かマイナンバーカード、パスポートが必要になり、健康保険所や住基カードの場合は補助資料として住民票の写しか電気・都市ガス・水道の(クレジットカード決済でない)領収書が必要になってきます。

私は運転免許書を持ってないのとパスポートも更新しなかったので、補助資料が必要になりました。データ回線、親回線にぶら下がる回線だたため契約にここまで厳しいと思ってなかったのでご注意ください。

先月契約時にも住民票を利用していたので、それを持って2回目の突撃をしました。
あと店舗によっては、受け付けてもらえなかったりするらしいのですが、私が行ったアイリオ葛西のワイモバイルでは、問題なかったです。
このお店は対応がすごく丁寧なので、オススメ店舗です。
画像

在庫はあったらしく、ナノシムも三枚発行してもらえました。
発行されたSIMはn101でした。
三枚の開通確認を行うので、時間は40分くらいかかりましたので、時間に余裕をもって手続きに向かってください。
またワイモバイルは来店予約も可能なので、土日など混み合うのが予想される場合は来店予約をしていくとスムーズです。

手数料についてですが、通常契約には三千円かかるのですが、これもキャンペーンで無料になっています。

いもギガが余りがちで、タブレットなどを複数持っている場合などは、とりあえず三枚SIMを発行してもらうのは良いと思います。
(例えば1枚だけ必要でも、3枚最大限発行しておくと、後々タブレットが増えた場合でも手続き不要で利用できる)

以上














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ワイモバイル シェアプランのため 店頭で nano SIM 三枚発行してもらう novel99/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる