au +1 collection PowerCore Solo 6700 で iPhoneを充電する

ソニーのモバイルバッテリーバッテリーを使っていたのですが、いつのまにかスイッチが陥没してしまって壊れてしまいました。
約5000mAh サイズの容量だったので、今度もそれくらいのもものを探していました。
近くのauショップに寄ったところ、au +1 collection シリーズの PowerCore Solo 6700 が安く売っていたので、これにしました。
画像

中身は Anker 製のものです。

容量は商品名通りに 6700mAhで iPhoneを2回ほど充電することができます。
出力ポートはひとつですが、接続機器を自動検知して出力電流を最適化するPowerIQ に対応していて、5Vの電圧で電流は2Aまで出るので急速充電可能。
本体サイズは約96×46×24mm、重量約135gと軽量でコンパクトです。
本体カラーはホワイトにしました。他に青とピンクがあるようです。
画像

付属品は試供品の micro-USB のケーブルでした。モバブ自体の充電にも利用できます。
iPhoneを充電するには変換用コネクタか、lighteningケーブルが別途必要です。
自分は、変換コネクタを利用しました。
(変換コネクタのレビューはこちら → http://novel-99.at.webry.info/201703/article_8.html

表面はマットな仕上げをしてあります。
本体の充電度合いを知るのは、他のものだとLEDが搭載されていますが、これは本体を振るとゲージが浮かび上がる特殊な仕様です。
十段階で充電状態を確認できます。
画像

iPhone SEとの大きさ比較
画像

自分はiPhoneを PORTER のフリースタイルポーチに入れて持ち運んでいますが、こいつをiPhoneと共に入れることが可能です。
ちょうどいい大きさで、容量も iPhone と Xperia の2台をフル充電できるので日常的に使いやすいです。

Anker の通常のラインナップだと、このくらいの容量のものがないのも選択理由です。













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック