ASUS ZenPad S 8.0 Z スタイラスのためのペンフォルダーを買うの巻

ASUS ZenPad S 8.0 には筆圧対応の専用のZstylusというスタイラスペンが別売りであり、イラストなどを描く目的で描き味などをチェックしてきました。
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201603/article_10.html (主に基本性能など)
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201603/article_11.html (スタイラスの描き心地など)
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201603/article_13.html (ガラスフィルム貼った後の描き味)
本体とペンを使っている時はいいものの、GALAXY noteように本体にペンを収納できればいいのですが、そういう機構はなく
ペンの置き場所に困ってしまったのでペンフォルダーを購入しました。
画像

ASUS 純正のカバーにはペンフォルダーが付いているそうですが、カバーは付けない派なので、代用を考えなくてはなりませんでした。
持ち運び時のスリーブケースとして 幡ヶ谷カバン製作所 CLUTCH FIT 8インチ用がありますので
(大きさぴったりで、折り畳むとタブレットを立て掛けることができる優れもの
利用の様子はこんな感じ → http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201505/article_2.html




このスリーブケースに取り付ける方法を考えました。
手帳用のペンホルダーがどうも具合がよさそうです。

最初無印良品のが良いと感じ調査していたのですが、付ける方向にペンを挿す具合のものしか扱っていなかったため別のものを探しました。
画像

そこで見つけたのが、トラベラーズノート用の ペンホルダー<M> 黒 (14298006) であります。
http://www.tfa-onlineshop.com/SHOP/14298006.html
画像

トラベラーズノート用ですが、数ミリの厚さのものなら取り付けることができます。
15番のSサイズのものは、ペンクリップだけをひっかけるタイプのものなので間違えないようにしてください。
(Zstylusにもクリップがあるので、そういう付け方でも大丈夫だと思いますが・・・・)
画像

取り付け部分は金属で出来ていてしっかりしており、ペンを挿す部分は、付ける方向と90度で、革製で柔らかいです。
直径12ミリまでのペンなら挿せます。Z stylus は約1センチなので大丈夫でした。
画像

タブレットの上にそのまま置いておくとどうも電池を消費するようですので、
Zスタイラスを革の部分に通しておけば、紛失することないですし、さっと描き出すことができますね。
タブレットをスリーブケースに入れて持ち歩く時もスマートです。
画像

注意としては、 幡ヶ谷カバン製作所 CLUTCH FIT の折りたたみ機構が潰れてしまうことです。
その時は、ペンホルダーを取り外してスリーブケースを折り畳んでください。

以上


▽ASUS ZenPad S 8.0 をお絵かき用に導入するレビュー その1
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201603/article_10.html

▽ASUS ZenPad S 8.0 をお絵かき用に導入するレビュー その2
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201603/article_11.html

▽ASUS ZenPad S 8.0 ガラスフィルムを貼りスタイラスの書き味を試す
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201603/article_13.html

▽Zenpad S 8.0 の解像度を変更して動きを軽くする
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201604/article_15.html


ASUS Zstylus pen 90XB02WP-BTO000
ASUSTek
2015-09-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ASUS Zstylus pen 90XB02WP-BTO000 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック