ASUS ZenPad S 8.0 ガラスフィルムを貼りスタイラスの書き味を試す

Xperia Z5 compactの時からガラスフィルムを購入するようになって、普通のフィルムとは違う頑丈さがお気に入りになってきているので、ASUS ZenPad S 8.0 にもガラスフィルムを貼ろうと、Z5C の時にぬるぬるでとても良かったメーカーのものにしました。
agrumes ASUS ZenPad S 8.0 Z580CA [日本製ガラス] [真空ぬるぬるコーティング] ガラスフィルム 0.3mm



約2000円と価格もお手頃です。
パッケージはiPadの絵ですが、ちゃんとZenPad用です。まぁ形がそっくりですけどね。
画像

パッケージ内容は、ガラスフィルム本体、マイクロファイバー布、アルコール布(袋に入っている)、ゴミ除去用シート、気泡除去カードです。
画像

早速埃の少ない風呂場に、メンディングテープとエアダスターを持って移動です。
本体をマイクロファイバーで拭き、エアダスターで細かい埃を除去、アルコール布を使い完全に埃なしにします。
本体のフィルムを剥がす前にだいたいの位置を重ねて計っておきます。左右に数ミリ余裕がありそうです。
本体のフィルムを剥がして、端っこを合わせて、ガラス板を倒します。
位置が合っていれば、本体とガラスの間にはいってしまった気泡を手と付属カードを使って外に出していきます。
画像

自分は一回失敗し、ゆっくり端から持ち上げてリトライしました。
その時大活躍したのがゴミ除去用シート。
どうしても一度剥がすと、剥がしたときに発生した静電気で埃が封入されちゃいます。
今回ついてきたゴミ除去用シートは、とても大きなもので、画面いっぱいに張り付ける事ができ埃を除去できました。
(もってきたメンディングテープは結局使わず)
画像

なんとか気泡と埃なしに貼り付けることができました。
が、右上に浮いた箇所が・・・・。実は風呂場に移動する時にガラスフィルムを落としてしまったので、ガラスに欠けが生じてしまったからです。みなさんはご注意ください。
画像

ガラスフィルムで心配なのは、タッチ感の変化です。また、今回は、Z stylusを使ってペンでお絵描きをする端末なので、そのあたりもレビューしてみたいと思います。


ASUS Zstylus pen 90XB02WP-BTO000
ASUSTek
2015-09-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ASUS Zstylus pen 90XB02WP-BTO000 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



タッチ感はほとんど変わらず、商品名のぬるぬるの通り、滑るような感じで問題ありません。
また、Zスタイラスの書き味ですが、以前はペンを強く押し当てたときに、本体の液晶が同心円上にシミ(ペンを離すと元に戻る)ができて書き味に影響あったのですが、ガラスフィルムを間に挟むことで、固さが増し、普通の描き圧ではシミも発生しなくなりました。
書き味も問題ありません。自分としては、描きやすくなったとも感じるほどです。0.3mmの厚さも関係なく、筆圧も問題ありませんでした。

ハイキュー!!のツッキーを描いてみます。
画像

拡大してみます。
画像

ガラスフィルムを貼ることで、筆圧の調整がしやすくなったようにも感じます。
拡大したもので、入り抜きの具合を見てください。

以上 ガラスフィルムレビューでした。

▽ASUS ZenPad S 8.0 をお絵かき用に導入するレビュー その1(ほぼ基本性能レビュー)
http://novel-99.at.webry.info/201603/article_10.html

▽ASUS ZenPad S 8.0 をお絵かき用に導入するレビュー その2 (本格的にお絵描きレビュー)
http://novel-99.at.webry.info/201603/article_11.html

▽Zenpad S 8.0 の解像度を変更して動きを軽くする
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201604/article_15.html





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック