goo のスマホ g03 開封の儀 レビューその2(カメラ・ベンチマークの確認)

姪の就職祝いに、スマホでもプレゼントしようとネットを物色していると、セールの情報が入ってきました。
goo のスマホ g03 が通常価格 26784円のところ、半額の 13392円、さらにYahoo!ポイントが 1333ポイント付くので、実質約 12000円。
NTTコムストアが取り扱いしておりました。
この店では定期的に半額セールが行われており、今回も開始直後に売り切れるほどの盛況ぶりだったようです。
なんとか1台確保できました。色は、ピンク色です。
iPhone6Sのゴールドピンクに似た淡いピンク色です。
ベースモデルは、ZTE製の Blade S のようです。去年のハイレンジスマホですね。
画像


カメラとペンチマークのチェックです。前回のレビューその1(基本性能・スペック)はこちら↓
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201602/article_3.html
g03のカメラはメインカメラが 1300万画素の裏面照射型CMOS(Sony製 Exmor RS IMX214 センサーです。さすが)、インカメラも 500万画素CMOS 搭載してるのでセルフィーにも強いのが特徴です。

Xperia Z5 compact との比較です。
まずカラフルな被写体を室内で撮った時の比較です。
画像

↑g03 シンプルモードでフラッシュのみオフ
画像

↑Xperia Z5 compact プレミアムモード フラッシュのみオフ
色合いは、比較的忠実と思いますが、少しコントラストが強めに出ています。

料理写真の比較です。
画像

↑g03 シンプルモードでフラッシュのみオフ
画像

↑Xperia Z5 compact プレミアムモード フラッシュのみオフ
やはり、コントラストが強めに出ています。が、そちらの方がおいしそうに見えます。好みですがg03のが良いともいえます。

風景写真の比較です。
画像

↑g03 シンプルモードでフラッシュのみオフ
画像

↑Xperia Z5 compact プレミアムモード フラッシュのみオフ
空の具合などきれいですし、白跳びや黒つぶれなどもなく、Z5Cとほぼ同じように撮影されました。Z5Cのが広角が大きいので広めに撮影されています。

逆光の風景比較です。
画像

↑g03 シンプルモードでフラッシュのみオフ
画像

↑Xperia Z5 compact プレミアムモード フラッシュのみオフ
カメラ性能の違いより、Z5Cのが影の部分の再現率が良いですが、g03のように影が黒につぶれた方が夕焼けシーンとして好きな人は多いと思います。空の色など十分な性能だと思います。

夕暮れの風景の比較です。
画像

↑g03 シンプルモードでフラッシュのみオフ
画像

↑Xperia Z5 compact プレミアムモード フラッシュのみオフ
逆光と同様の結果になりました。十分な性能だと思います。綺麗な夕暮れの風景を撮影できます。

夕暮れの風景の比較その2です。
画像

↑g03 シンプルモードでフラッシュのみオフ
画像

↑Xperia Z5 compact プレミアムモード フラッシュのみオフ
Z5Cのが性能が高く、手前の緑の暗い部分の再現率が高いですが、g03も十分な性能だと思います。

また、g03 には、ジャイロセンサーを搭載しているので水平を計りながら写真を撮ることができます。
カメラの左真ん中にある「○」を押すとエキスパートモードになるので水平ラインが表示されます。水準器として利用できますね。
画像

一部このジャイロセンサーが著しく狂ったものが出荷されているとの噂でしたが、入手したものは、問題ありませんでした。

次にベンチマークですが、Antutu のバージョン 5.7.1を利用しました。
CPU は、Snapdragon 615 でオクタコアです。
スコアも3万越えているので、1万円強で入手できたことを考えると、ハイコストパフォーマンスです。
(以前 甥のために購入した FLEAZ POP は15000でしたので約倍という
レビューはこちら→ http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201509/article_5.html
画像画像


また、A-GPSとデジタルコンパスも搭載されているので、地図アプリも便利に使えます。GPSの誤差もほとんどありませんでした。
郵便局の前の北の端どに立っているのですが、誤差2メートルくらいでした。
画像


今回特別セールで、g03 を 入手できましたが、標準価格の2.5万円でも十分な性能を持ち合わせている機種でした。
半額セールは、ブログなどで特集されることがあるので、次の機会狙ってみてはいかがでしょうか。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック