日立外付けHDD TOURO DESK PRO が Windows 10 非対応につき、分解してみる

日立GST(日立グローバルストレージテクノロジーズ)製の外付けHDDであります HITACHI TOURO DESK PRO の 2TBをメインデスクトップマシン Windows 7 のバックアップとして利用してきたのですが、年末年始バックアップしようと思ったら認識しない。
画像

色々とUSBのコネクタを変えるなどしてみるが、一応認識はしているのだが、ドライブとして認識しないわで、どうも認識がおかしい。
妻のPCでは認識する。
違いと言えば、そう、OS。自分は秋に Windows10にアップデートしたのだ。調べてみると、Windows8で非対応(サポート打ち切り、マイクロソフトの標準ドライバの仕様のようだが)になり、Windows10 でも認識しないらしいとこまで軽く調べて分かった。

日立という言葉に引かれて購入したものだが、もともとサスペンド復帰後の認識など問題ある機器だったし、名前負けしていた製品でした。

ということで、中のハードディスクをレスキューします。
分解開始。
画像

横、背面ともにプラスチックの筐体です。
ネジなどがないことからはめ込みのようです。
画像

端からドライバーを食い込ませて、こじ開けます。
ハードディスクの方向から考えると、背面を正面にして左側を外しましょう。

パキッという音がありますが、躊躇せず、開けやすい方向にどんどん爪を剥がしていきます。
画像

予想通り、はめ込みで、二度と使えなくなってしまう仕様。
画像

爪は9個ありました。
画像

ハードディスク本体は、ゴムネジの大きさを活かして凹凸に詰めてあるだけなので、特に筐体などにネジ止めされているわけではありませんでした。

ハードディスクと背面インターフェイスは、ネジ二本で、特に苦労することなく取り外し可能です。
画像

背面インターフェイスは、また何かに使えるかと思いますので、取っておきます。
画像

中身のハードディスクですが、日立製の HDS723020BLA642 (0f12115)?のようです。
当時は、2~3万円ほどしたもので、外付けを安く買ってきて取り出されたんだろうなぁと予想します。
画像

通常のSATAのハードディスクのため、マウンタを用意します。
今回は、玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き を利用しました。
別用で、クローンを作成するかもと思い、普通のマウンタとしても利用できるクローン機能付きのハードディスクスタンドを購入しました。
画像

単体で利用する場合は、1の方に挿してアダプタをつなぎ、USBケーブルをパソコンに挿してスタンドの電源ボタンを入れるだけ。
画像

Windows 標準のドライバーで認識します。
Windows 10 でもきちんと認識しましたので、無事にバックアップ可能でした。
画像








この記事へのコメント

  • 通りすがりのOrange

    ありがとうございます。
    日立のTouro Disk PROを動かしているのが日立製のDevice Driver だと判って安心しました。これを使わなければよいのだと判ったからです。
    私のTouro Disk PROは3TBなので、パーチションを削除すると2個になりました:2TB+750GBのMBR.
    これをGPT二変換して1つのパーティッ四にしてフォーマットしました。変換はコンピュータの管理からVolume名のところを右クリックしてGPTに変換できました。
    あとは、2.8TBの区画を作りフォーマットするだけ。
    そのままつながりました。
    作業はPC側はUSB3の差込口で行いました。
    元会った日立のバクアップツールは、いったんPCに退避しておきました。GPT返還後、HDDに戻しました。
    これを使ってInstallでき、バックアップも動いています。
    なかなか良いバックアップツールです。
    バックアップ先は日立HDDだけではなく、他も選べましたので、今はそちらも使っています。
    日立よ、良いツールをありがとう。


    2016年06月08日 23:35
  • (´・ω・`)

    買って1年半ほどで壊れて認識しなくなった本製品。
    長く机上の飾りにしていたのですが、「折角だからオークションで安い中古HDDでも買って取り替えよう」と思い付いたのですが、どうやってバラしたらいいのか判らない。
    散々悩んだ挙句にコチラへ辿り着きました。
    力ずくでもぎとるしかなかったんですね。
    なんちゅう設計だよ。

    ありがとうございました。
    2017年10月11日 09:56
  • 管理人

    設計としては、取り出したり中身交換なんてことは仕様外なので、順当と言えば順当なんですが、なかなかの力がいりました。
    たぶん中身のハードディスクは生きているかもしれないので、開けてみるのもいいかもしれません。
    2017年10月11日 13:19

この記事へのトラックバック