スマートロック smart lock を活用してみよう♪

Xperia Z5 Compact には 指紋認証がついています。
自分は基本左手持ちなので、指紋認証に使う指は中指か人差し指、
たまに右手も使うので親指。両手持ち用に右手人差し指も。
机でスマホ置くときは基本左なので、掴む用に左手の親指も。
画像

って五本がすぐに埋まってしまいます。
いろいろリトライして指の位置を動かさなくても認証が通るように指紋を登録(腹の部分まで登録するなどして)して不自由はないのですが・・・。
スマートじゃないよねっ( ´-ω-)

そこで、Androidのlollipopから「スマートロック Smart lock」が導入されたので使ってみることにしました。
画像


機能としては、Bluetoothでペアリング済みで接続が確立されていると、
ロックが省略されるというものです。つまりスマホ置き忘れたらきちんとロックがかかり、身近にある時はロックの存在を忘れることができる。なんてスマート、まさにスマートロック( ´ ▽ ` )

きょろきょろ見渡します。Bluetooth機器。
自分、バンド型の活動量計を付けているのですが、独自Bluetoothプロトコルらしいので、スマホの接続済み機器の中にもペアリング対象にも出てきません。一週間くらいもつデバイスなので、こいつが対応していたら楽だったんだけど・・・。

キーホルダータイプのものはないかと探してみたら、結構ありました。
でもどれも海外製品。それと需要がそんなにないらしくすぐ市場から消え去るんですよね。とほほ。tileとかiFindとか、Chipolo、nutとか。Motorola Keylinkなんかはスマートロック前提で作られている。

Bluetooth 4になって Low Energy(Bluetooth 4.0、BLE、BTLE、ともいわれます。以下BLEと書きます) が規格され導入されました。2.4GHz の無線を使った近距離無線通信規格ですが、通信速度よりも長くしぶとくをコンセプトに規格されたものです。
なので、このタイプのものは、ボタン電池で数ヶ月持ちます。

この組み合わせで開発され、藻屑と消えたデバイス達・・・・(遠い目
スマートバンドが基本意識高い系に対して重要があるように、高確固たる需要がないとなかなか広まらないのよね。

でも、調べ回ったおかげで、BLEについて知識がつきました。
よく使われるプロファイルとして PXP (Proximity Profile / FMP (Find Me Profile)のふたつが主に利用される模様。
前者は、近接プロファイルという名前の通り,ペアリングしたデバイスとの距離を判別することができるプロファイルで、
後者は、なくした端末を別のデバイスから検索し鳴動させるプロファイルです。

このふたつのプロファイルに対応した日本で発売してるとこないかなぁと検索に検索を重ねて、やっと見つました!
その名も「ぶるタグ」
http://www.logitec.co.jp/products/bluetooth/lbtmpvru01/

発売はなんと2012年。Bluetooth LEが出始めて、iPhoneが対応し始めたころですねぇ。プロファイルからしてすぐ考えつくアイテムなわけですが、挑戦感謝します。
同じ時期に BUFFALO バッファローからも似たようなデバイスが出ていますが形がダサいのでこちらを注文しました。
在庫処分ありがとうな千円未満で入手できました。

以外とでかいです。
画像

やはりBLEが規格された直後に出たデバイス。まだチップなどが小型化されてないのでしょう。調べてるとコイツを分解してBLEのテストに利用している論文やブログがあったのも楽しめました。
通常Bluetoothはペアリングが必要ですが、こいつはペアリング不要でというかプロファイル的に、個体固有の番号さえ知っていれば、検知やFindMe(ブザーを鳴らしたり)できるようです。

アプリはこちらを利用しました。
ほかのアプリでは、おそらく製品名をフィルターして検知している模様です。このアプリは汎用的にすべてのデバイスが検知できるようです。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nuist.smartfinder
作りは簡単で、無差別に検知したデバイスが一覧で表示され(過去接続したものは記録されるようだ)、クリックすると接続を開始します。
あとはバックグラウンドで動かしておけば良い。
電池消費ですが、ほぼ0です。電池消費アプリに載ってこないです。
簡素なアプリですが、ストアにあって助かりました。

こいつにはキーホルダー用の穴と、裏にクリップがついています。
スイッチが横にあり、これはFindMeのの時に振動かブザーかを選択するものらしい(使わないのでとりあえずバイブにしとく)
画像


あと表全体がスイッチになっていて表下付近を押すとスイッチが作動します。長押し3秒で本体を起動(起動時に緑にLED点灯)、停止(停止時に赤にLED点灯)
こいつの仕様がスマートロックに使うには少し不便な点が。接続が切れると自動的に電源が切れます。
Amazonのレビューには散々に書かれていますが、これはiPhone側のプロファイル取り扱いのアプリの作りが悪いんだと思います。
自分は、スマホを首かけ、こいつを鍵とともにポケットにいれていますが、ほぼ問題なく接続状態を維持します。
(たまに接続か切れるのか、アプリがクローズしてしまうのか自動停止してしまうことがあり)

スマートロックの仕方は、
設定→セキュリティ→smart lock→(認証)→信頼できる端末にて
ペアリング実績一覧から選択するだけです。
画像

画像

もう少し小さくて常時電源オンのデバイスがあれば購入したいなぁ。
といいつつ、Bluetooth機器である pebble time round をポチッとなしてしまった( ゚∀゚)




Logitec Bluetooth 4.0対応 BLEタグ ブラック LBT-MPVRU01BK
ロジテック
2012-01-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Logitec Bluetooth 4.0対応 BLEタグ ブラック LBT-MPVRU01BK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック