novel99

アクセスカウンタ

zoom RSS Nokia Sleep 設置編 無印のダブルベットに設置可能でした

<<   作成日時 : 2018/07/13 18:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ノキアから5月に出ました睡眠計測マスゥーンNokiaSleep をやっと手に入れましたので、設置して見ました。
画像

睡眠の記録などについては後々レビューするとして、まずは設置編ということで。
結構注目されたデバイスだったので、レビューしている人は多めですね。
発売日に手に入れた方も多いので、ペアリングの方法などはそちらを参照ください。
画像

本体は、帯状のデバイスで、中に軽く空気が入るような構造になっているようです。
カバーと分離できるので、汚れたら洗うことが可能だと思いますが、設置する場所を考えるとあまり汚れることはないと思うのですが・・・もしかしてカビなど生えたら洗濯かな。

我が家のベッドは、無印良品のベッドで、サイズはダブルサイズです。
(現行品ではないので、こちらの足付きマットレスに近いタイプのものです。)
画像

Nokia sleep の設置画像を見る限り2人が利用するダブルベッドなどの想定もされているようなので、問題なさそうです。
画像

無印のこのベッドは、木製の台の上にマットレスがあり、布製のカバーで覆われています。
まずは布製のカバーを剥ぎ取り、マットレスを上げて、デバイスを設置。
私が寝る方の片側に全体が入る感じで、胸の位置に設置します。
画像

デバイスの電源はUSBケーブルで常時供給なので、わりとケーブルは長めです。
無印のベッドの仕様のせいでケーブルが窮屈に出る感じですが、そこは仕方なしですね。
画像

Bluetoothでペアリングするのですが、デバイスの通信の主体はWi-Fiなので、ペアリングしてコントロールできるようになったら、Wi-Fiのセッティングになります。
この時スマホとデバイスが同じWi-Fiに所属している必要があるようなので注意です。
Nokia sleep 自体は 2Ghz の11n にしか対応していないので、11aや11acなどをお使いの場合はセッティングする時だけ切り替えてください。
画像

Wi-Fiの設定が終わると、10分くらい最適化がありまして、終わると睡眠継続が可能になります。
画像

最初1日だけ全然とられてなくて、再ペアリングなどをしようとしたら、リセットボタンが本体側にあるので、マットレスのしたのデバイスを取り出す必要があるので、この無印のベッドを使っている人は苦労します。
しかしながら取られてなかったのではなく表示がされていなかっただけで、Nokia health Mate アプリに再ログインしたら睡眠状態が観測できました。

ダブルベッドなどを想定しているとしても、妻が少し私の領域なんかに侵入しているとそれも検知してしまうので、自分は外で仕事しているのに、昼寝していることになっていたりしていたりします。
が睡眠記録は消したり修正することができますので、それで対応してください。
画像

では睡眠記録自体のレビューについては後ほど。
今回の設置編は以上です。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nokia Sleep 設置編 無印のダブルベットに設置可能でした novel99/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる